当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

全国優秀経営体表彰

農林水産省と全国担い手育成総合支援協議会は、意欲と能力のある農業者の一層の経営発展を図ることを目的に、優れた経営を実践している農業経営体を表彰する「全国優良経営体表彰」を実施しています。
本表彰は、都道府県や都道府県農業会議、都道府県農業法人協会等から推薦のあった優良な事例から、学識経験者等で構成する審査委員会で農林水産大臣賞等が決定されます。
  

表彰事業の概要

表彰の対象

  1. 経営改善部門
    自らの農業経営の改善、規模拡大や所得向上などの取組
  2. 生産技術革新部門
    生産現場におけるロボット技術による作業の効率化、ICTによる生産管理、複数作業を可能とする農業機械による低コスト化などの農業経営における先進的な生産技術の活用の取組
  3. 6次産業化部門
    食品産業や他の農業者等と緊密に連携して実施される農業生産と一体となった加工・販売や地域資源を活用した新たな産業の創出を促進する6次産業化の取組
  4. 販売革新部門
    消費者ニーズを踏まえた独自の市場開拓、特色ある農産物の強みを生かした生産・販売などの顧客に新たな価値を提供する創造性のある農業経営の取組
  5. 担い手づくり部門
    ア 担い手の経営発展を支えるための農業技術の指導、経営相談への対応などの取組及び新規就農希望者や独立・自営就農希望者の研修受入れなどの次世代の経営体の育成の取組
    イ 農地中間管理事業等を効率的かつ効果的に活用した農地の集積・集約化に関する現地でのコーディネートなどの取組

推薦から表彰までの流れ

  1. 鳥取県では各地方事務所を通じて県内の活動事例を収集し、優良事例を中国四国農政局に推薦しています。
  2. 中国四国農政局は選賞審査基準に基づき各部門ごとに審査を行い、審査した結果を農林水産省および全国協議会会長に提出します。
  3. 農林水産省と全国協議会により設置された審査委員会では、全国の地方農政局から推薦された審査結果をもとに書類審査を行うとともに、必要に応じて現地調査その他の確認調査を実施し、各部門ごとに農林水産大臣賞、経営局長及び全国協議会長賞を決定します。

全国優良経営体表彰実施要領(PDF : 1,174KB)


平成30年度

鳥取県から推薦した(株)エイトが、全国担い手育成総合支援協議会長賞を受賞されました。
表彰式は、11月8日に山形国際交流プラザ(山形市)で行われました。

関連リンク
「平成30年度 全国優良経営体表彰」の発表について(農林水産省)
第21回全国農業担い手サミットinやまがた

鳥取県からの推薦体について


リンク

  

最後に本ページの担当課
   鳥取県 農林水産部 農業振興戦略監 とっとり農業戦略課
   住所  〒680-8570
            鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話  0857-26-72560857-26-7256    
   ファクシミリ  0857-26-8497
    E-mail  nougyousenryaku@pref.tottori.lg.jp