ラムサール条約登録15周年記念イベント

中海・宍道湖ラムサール条約登録15周年記念イベント(鳥取県と島根県の連携事業)

日本における最大の汽水域である「中海・宍道湖」は、多くの水鳥が生息する貴重な湿地として、平成17年11月にラムサール条約湿地に登録され、今年で15年目の節目を迎えます。
これを記念して、鳥取、島根の両県では、ラムサール条約の趣旨である保全・再生とワイズユースのさらなる普及啓発を行うため、記念イベントを開催することとしました。

※参加申込受付は終了しました

  

プログラム

日時

10月31日(土) 13時30分~15時30分

※参加申込受付は終了しました 

場所

米子コンベンションセンター「BIGSHIP」(米子市末広町294)

参加費

無料

※手話通訳あり

定員

90名(先着)※参加申込受付は終了しました 

申込みについては、参加申込書(チラシ裏面)にお名前、住所、連絡先を

ご記入の上、郵送、電子メール、ファクシミリまたは持参でお申し込みください。

(申込期限:10月16日(金))

チラシ・参加申込書(PDF:481KB)

新型コロナウイルス感染症感染予防について

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染予防についての注意事項です。

参加される方は、ご来場前に必ずご確認ください。

<<新型コロナ感染予防注意事項>>

プログラム

●記念講演 「中海と私たちは水鳥だけではなくゴミでもつながっている!?」

       神谷 要氏(米子水鳥公園館長)

●映像上映 「未来につなごう中海・宍道湖」

●スピーチ 「中海の取材を通して、今思うこと」

       上田和泉氏(株式会社中海テレビ放送報道部)

●パネルディスカッション

      「中海・宍道湖の未来に向かって」

 パネリスト 神谷 要氏  (米子水鳥公園館長)

       奥森 隆夫氏 (特定非営利活動法人未来守りネットワーク理事長)

       新田 ひとみ氏(特定非営利活動法人中海再生プロジェクト副理事長)

       岩西 哲氏  (公益財団法人ホシザキグリーン財団事業課普及啓発係長)

       松本 修宗氏 (特定非営利活動法人水の都プロジェクト協議会専務理事)

  

最後に本ページの担当課
   鳥取県生活環境部 水環境保全課
   住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話  0857-26-74000857-26-7400    
   ファクシミリ  0857-26-8194
    E-mail  mizukankyouhozen@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000