中部総合事務所県土整備局のホームページ
  

事業の目的

 一般国道313号倉吉関金道路は、鳥取県東伯郡北栄町から岡山県真庭市に至る延長約50kmの地域高規格道路「北条湯原道路」の一部区間であり、倉吉市関金町大鳥居から同市小鴨までの延長約7.0km、完成2車線の自動車専用道路です。 
 この道路は、山陰自動車道と中国横断自動車道岡山米子線と一体となった高速幹線道路ネットワークの形成を目的に整備を推進しており、一般国道313号の線形不良等の交通隘路区間の解消も図ることができます。
 鳥取県中部地方生活圏から中国横断自動車道米子岡山線湯原ICへのアクセス性が向上するとともに、基幹道路である一般国道9号へ倉吉道路及び北条倉吉道路を介し連結することで、生活圏・交流圏の拡大や高速性・定時性の確保が期待されます。
 また家屋が連担した現道部分の交通量が減少することで、安全性の向上、交通渋滞の緩和が図られ、さらに緊急時・災害時の安定した物資輸送等に寄与することが期待されています。沿線工業地区の物流条件が改善され、地域経済の振興や利便性向上等、地域の活性化に大きく寄与するものです。

 ◆倉吉道路・倉吉関金道路パンフレット
   表紙(PDFファイル 1,630KB)
   概要・写真(PDFファイル 4,241KB)
   開通時の効果(PDFファイル 1,306KB)
   周辺マップ(PDFファイル 1,474KB)

事業の概要

倉吉関金道路

 平成23年度に事業着手し、福山ICから小鴨ハーフIC間(延長約3.0km)をI期区間として、倉吉道路の未整備区間である小鴨ハーフICから倉吉西IC間の(延長約0.8km)と併せ、平成30年代前半の供用を目指し整備を推進しています。

事業期間

 平成23年度~平成30年代後半

総事業費

 約167億円

道路規格

 第1種3級

設計速度

 80km/h

事業規模

 延長約7.0km、全幅員13.5m、車道7.0m(完成2車線)

主要構造物

 小鴨1号橋263m、小鴨2号橋167m、他3橋

位置図

 倉吉関金道路位置図の拡大図への画像リンク
  ※クリックすると拡大します

事業区間写真

福山IC~小鴨ハーフIC(整備中)

倉吉関金道路の福山インターチェンジから小鴨ハーフインターチェンジ周辺の拡大写真への画像リンク
 ※クリックすると拡大します

倉吉関金道路の福山インターチェンジから倉吉西インターチェンジ周辺の拡大写真への画像リンク
 ※クリックすると拡大します

工事進捗状況

問い合わせ先

道路都市課広域道路担当 
 電話 0858-55-3225
 ファクシミリ 0858-22-0013