日野振興センター日野振興局のホームページ

日野振興局へのアクセス

<2024年4月>
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011

カテゴリー

平成24年6月27日午前11時
カウントスタート!
あなたは1233391人目の訪問者です

「しぜんの宝箱」自然保護監視員だより

    清らかな水、深い緑、露に輝く花々…。鳥取県日野郡の自然はまるで宝箱のようです。
 ここには、大山隠岐国立公園、比婆道後帝釈国定公園、奥日野県立自然公園、神戸上県自然環境保全地域があり、とても自然豊かな地域です。また、サクラソウやブッポウソウ等、希少な動植物も多く生息しています。
 自然保護監視員の藤原文子が、活動を通して魅力いっぱいの日野郡の自然を楽しく紹介していきます!
  

2015年2月27日

カモの見分け方

 今日、日野郡は一日雪でした。春の気配を感じるようになったのに冬に逆戻りです。

 さて今回は、カモの見分け方を紹介します!

 冬、日本には沢山の鳥が大陸の寒さを避けて渡ってきます。冬鳥と言います。
 冬鳥の中にはカモの仲間も沢山いて、桜の花が咲く頃にはほとんどが大陸に帰って行くのですが、それらを見送るカモ達がいます。



 季節ごとの移動はせずに、多少の入れ替わりはあっても、基本的に一年を通して同じ地域に生息する鳥のことを留鳥と言います。

 日野郡では、カルガモと大陸に渡らない一部のマガモが留鳥として一年を通して見ることができます。(写真のコガモはいなくなります)

 写真はマガモの雌とカルガモですが、似ていますよね!



 見分けるポイントは、クチバシの色です!

 先端が黄色なのがカルガモです。

 マガモの雌とカルガモ雄雌は、一年中同じような姿をしているので、遠目で見ると違いが分かりづらいのですが、クチバシにはっきりと違いがあります。

 (ちなみに、マガモの雄は夏になると全く違った姿になります。詳しくは、以下を見てね!)
     http://www.pref.tottori.lg.jp/item/629472.htm#moduleid293163
 
 春以降にカモ達を見かけたら、クチバシの先っちょに注目です。

日野振興センター 2015/02/27

ご意見・お問い合わせ先

西部総合事務所 日野振興センター日野振興局    
〒689-4503  鳥取県日野郡日野町根雨140-1
TEL : 0859(72)2083   FAX : 0859(72)2072   
Eメール :  hino-shinkou@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000