鳥取砂丘レンジャー日記

2012年11月29日

砂の造形

ここ数日、鳥取砂丘は10メートルを越す風が吹き、砂が飛び舞っている状態でした。

そんな強い風が吹くと砂丘の様子も一変します。

馬の背の頂上は飛んできた砂が溜まってます。
馬の背の頂上

砂が削られたところもあります。削られたところは見事な自然の造形。
馬の背西側の造形

馬の背西側の造形その2

ちょっと大げさですが、まるでアメリカのザウェイブ?(大きさや色のレベルが違いますが・・・)
ザウェイブその1

ザウェイブその2


これから本格的な冬になります。
北西の風が強くなり、もっと色々な砂の造形が見られるようになりますよ。


(オレンジレンジャー)

砂丘事務所 2012/11/29

<2020年10月>
27282930123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000