鳥取砂丘レンジャー日記

2012年6月1日

水無月

今日から6月です。

昔の呼び方では水無月と言いますが、好天が続き、その名の通り?オアシスの水が涸れました。


オアシスが涸れるのは、例年ですと梅雨明け頃になるのですが、今年は早いようですね。
オアシスの中に居た生き物たちがどうなったか心配です。

コウボウシバの群落の中ではアマガエルの鳴き声がたまに聞こえてくるようなので、カエルはまだ元気にしているようですが。


植物たちは元気です!

ハマニガナは黄色い花と一緒に綿帽子も見られるようになりました。


前にも書きましたが、ハマヒルガオは満開の状態です。
今回は、海岸側のハマヒルガオを紹介します。


ハマボウフウも蕾を付け始めました。



もうしばらくすると梅雨に入ります。

植物たちも水を得て、さらに育っていくのでしょうね。


(オレンジレンジャー)

砂丘事務所 2012/06/01

<2020年10月>
27282930123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000