鳥取砂丘レンジャー日記

2012年5月21日

日食観測

今日5月21日は、全国でも注目を集めた「金環日食」でした。

鳥取では残念ながら金環にはなりませんでしたが、太陽のおよそ9割が欠けた部分日食を見ることができました。

この鳥取砂丘でも早朝から多くの人が集まり、日食の観察会を行いました。


最終的には、およそ100人の方が参加されました。

6時18分頃に太陽が欠け始め、参加された方は、太陽メガネを使って見たり、天体望遠鏡に映る太陽を見たりして、思い思いに日食を楽しまれました。






日食が進むにしたがい、辺りも少し暗くなり、肌寒くなったようでした。
太陽が欠けるってすごいですね。

7時30分頃には最大に欠け、こんな三日月状になりました。


これは、専用のフィルターを通して撮影した日食です。


他にも、段ボールに穴を開けたピンホールで投影した太陽も観察しました。(ちょっと見えずらいかもしれませんが、穴を通った光が三日月状になっています)


連続写真風に撮影した太陽を重ねてみました。実際にこんな風に欠けていきました。



心配された天気も全く問題なく、自然の中という抜群のロケーションでの観測会となりました。

6月6日にも「金星の太陽面通過」という天体ショーがあります。
会場は鳥取大学ですが、こちらの天体ショーも是非ご覧下さい。


(オレンジレンジャー)

砂丘事務所 2012/05/21

<2023年2月>
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627281234
567891011

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000