鳥取砂丘レンジャー日記

2012年4月25日

第2波爆弾低気圧

今月になって2回目の爆弾低気圧で、ここ鳥取砂丘も平均20メートルを超す暴風が吹き荒れました。30メートルを超す暴風も何度も吹きました。

ただ、前回の北西の風に対して、今回は南風でしたので、駐車場などが砂に覆われたということはありませんでした。(前回は雪かきならぬ砂かきで関係者の方は大変苦労されました)

この暴風で、またもや砂丘の様子が変わりました。

追後スリバチの頂上も、大きくえぐれたり、逆に砂が溜まったところもありました。



馬の背も同様に大きく変化していました。

馬の背の斜面には砂柱が。


そして海岸側の斜面は、第1波で削られた部分が、まるで修復されたように、砂が溜まっていました。


削られたときの状況と比べてみてください。
(4月6日のレンジャー日記)


短期間にこれほど砂丘の景色がめまぐるしく変わるとは、さすが自然の力というのはすごいですね。


(オレンジレンジャー)

砂丘事務所 2012/04/25

<2021年5月>
2526272829301
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000