メンテナンスのため、9月18日(土)AM3時55分~8時(予定)の間、閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

鳥取砂丘レンジャー日記

2012年1月22日

砂嵐ツアー

昨日は大寒でしたね。

大寒といえば一年で一番寒いとされる日。
そんな日に行う「厳寒の砂丘砂嵐ツアー」は絶好のツアー日和?はずでしたが、気温は7度、風も3メートルくらいと、”厳寒””砂嵐”は残念ながら体感できませんでした。

しかし、冬の砂丘の魅力はそれだけではありません。

今回のツアーの講師は、砂丘をよく知る自然公園財団の”ジロケン先生”と”あべちゃん先生”。

まずは追後スリバチで、スリバチがどうしてできたのか、どんな動物がいるのか。


スリバチの斜面の角度はどれくらいでしょう。
鳥取砂丘の斜面は、砂が乾いていれば32度くらいが限界。それ以上は砂が滑り落ちてしまいます。
前日の雨で砂が濡れていたこともあり、なんと40度もありました。


角度を測るために斜面にいるだけでも苦労しましたが、戻るときはさらに苦労しました。

馬の背に向かう途中でも、砂丘の植物、特に今は風で砂が削られ、植物の根や茎がよく見ることができます。そんな植物の説明を”あべちゃん先生”が。

馬の背の頂上でも、相変わらず風が弱く、砂嵐を体験することができませんでした。

そしていよいよオアシスへ。

やはり、この時期はオアシスの水深を測定しないとだめですよね。

そんなわけで、今年も”ジロケン先生”が体をはってオアシスの中へ。


今年のオアシスの水深はというと・・・・・・68cmでした。

ちなみに昨年の2月は85cmでした(昨年のツアーの様子はこちら)。
約20cmも浅かったですね。


今回のツアーではいくつかの発見がありましたよ。

まずはこれ。


砂丘の中に、なんと動物の住みかが。
そっとしてあげたかったので、中の様子は見ませんでした。何が住んでいるのでしょうか?

同じ穴でも今度はこちら。


今、砂丘ではオアシスが3つ出来ています。その内の一つ、一番西側のオアシスに流れ込む川にありました。
砂丘の地下から水が湧き出て、その湧き水で砂が削られてできた穴です。

今度はもっと小さな穴?からブクブクと。


実は、これ、オアシスの中から空気らしきものが出ていました。

この場所だけ砂がとても柔らかく、水深を測るのに使った杭が砂の中へ1メートル近く入っていきました。

もしかしたら、オアシスの中からも水が湧いているのかもしれませんね。

いろいろな発見があったツアーでした。


2月と3月にも「鳥取砂丘魅力満喫ジオツアー」を予定しています。
くわしくはホームページで紹介しています(こちらです)ので、是非ご参加ください。


(オレンジレンジャー)

砂丘事務所 2012/01/22

<2021年9月>
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012
3456789

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000