鳥取砂丘レンジャー日記

2012年1月16日

最近のハマニガナ(砂丘植物)は?

本日の鳥取砂丘は一日中、曇り空でした。風が弱くそれほど寒くありませんでしたが、日が差さないので午後からは少し暗い感じでした。部屋の照明を一つ減らしたような感じです。


さて、昨年、一昨年とこの時期は雪、雪でしたので砂丘植物は観察できませんでしたが、今年の冬はその姿が見られます。
(ハマニガナ)
ハマニガナ

このハマニガナは同じ一本の地下茎でつながっていますが、なぜか?
葉の色が違っています。                                なぜ枯れていくのでしょうか?                             地下の茎にはたっぷり水分があるはずですが?

どのハマニガナの葉もこのように葉の色が変化しています。
やはり、太陽の光と気温が関係している?
(ハマゴウ)
ハマゴウ

ハマゴウの実は乾燥していて、強風の時はポロポロと地面を転がっています。この実は、薬用に使われるくらい強い臭いもある為か、なぜが、野鳥もあまり食べません。
引き続き観察してみます。

~青レンジャー~

砂丘事務所 2012/01/16

<2022年7月>
262728293012
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000