当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取砂丘レンジャー日記

2011年8月5日

オアシスの池が干上がりました

報告が遅れました。
7月下旬には、オアシスの池が、干上がったり、出来たりを繰り返していましたが、ついに7月31日に完全に干上がりました。
そこで心配になるのは、池で生息していた生き物たちです。
アメンボウ・ハイイロゲンゴロウなどは自分自身の翼で新しい水場を求めて飛んで行きました。 一部のアメンボウは尻無川で遊んでいます。
では、カエルは? オタマジャクシは? 不明ですが何処かに旅に出たかも知れません。
なお、水が無くなった後にはカラスの足跡が沢山あったことより、残念な結果であったかも・・・・・・・!
池の無くなったオアシスの写真を掲載します。干上がったオアシス

念のために、水がタップリと溜まった池もご覧下さい。(5月12日の写真)

満水のオアシス

乾燥したオアシスでは、カワラハンミョウが走り周っています。
(赤レンジャー)

砂丘事務所 2011/08/05

<2020年8月>
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000