当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取砂丘レンジャー日記

2011年5月8日

小さくなりました!!

鳥取砂丘の見所スポットの一つ、オアシスの変化についてご紹介します!

オアシスは砂丘に降った雨や雪が湧き水となって、溢れ出しているものです。一年中あるわけではなく、12月頃から梅雨明けまでの期間のみ存在し、雨が少ない夏場は消えてしまいます。

そのオアシスが大分小さくなりました!
まずは2月の写真をご覧下さい↓年間でほぼ最大の大きさです。
2月のオアシス

次は4月15日のオアシス↓2月の時と比べて、少し小さくなっています。
4月のオアシス

そして、今日撮影したオアシスの写真がコチラ↓
5月のオアシス
よく晴れたいい天気が続き、気温も上昇したからか、大分小さくなりました。
右の方のくぼんでいる部分は水がなくなって砂地となり、人が歩いて渡っていました。

2月にオアシスの水深を測った時は、85センチもありましたが(その時の記事はコチラ)、今は底が見えるほどしか溜まっていません。

オアシスを見られるのは今がチャンス♪是非お見逃しなく!

砂丘事務所 2011/05/08

<2020年9月>
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930123
45678910

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000