当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取砂丘レンジャー日記

2011年4月21日

芽生えの季節

ここ数日冬の寒さが戻ったような鳥取砂丘でしたが、今日は気温も上がり、穏やかな春の日となりました。
街の桜は残念ながら散り始めていますが、鳥取砂丘では色んな砂丘植物が芽生え始めています。

先ずはコウボウムギ。
コウボウムギ

そしてこちらはコウボウシバ。
コウボウシバ
どちらも代表的な砂丘植物で、砂丘の広い範囲で見ることが出来ます。


砂丘植物ではありませんが、近くでこんな花を見ることもできます。
梨の花遠景
これは何でしょう?
梨の花近景
鳥取県の花にもなっている、特産の二十世紀梨の花です。

鳥取砂丘情報館サンドパルとっとりの敷地内には5本の梨の木が植えられていて、花の季節を迎えています。
梨の花のイメージをお持ちの方は少ないかもしれませんが、桜ほどの華やかさはありませんが、白くかわいらしい花をつけます。
農家の皆さんはこちらからとった花粉を交配する作業が始まり、忙しい時期です。
鳥取砂丘の近くには収穫体験のできる果樹園が多くあります。
秋には美味しい実を付けてくれることを期待したいと思います。

(ミドレンジャー)

砂丘事務所 2011/04/21

<2020年7月>
2829301234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000