当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
 サーバのメンテナンスのため、9月21日(土) 0時~23日(月)18時の間、とりネットの一部コンテンツがご利用いただけません。詳細は、お知らせをご覧ください。

鳥取砂丘レンジャー日記

2011年3月12日

春もそこまで来ています。

ここしばらく寒さが戻っていましたが、今日は春を感じる陽気でした。

昨日は、北西の風が時折、みぞれや雪を伴って吹いていましたが、今日は、南西の風が吹いていました。昨日と違い、風が苦になりません。


ところで、
砂丘で”春”を感じるものに、「風紋」や「動植物」があります。

「風紋」は、風の向きがによって、風紋のできる方向が変わります。
(ちょっと前の日記にも書きましたが)



「植物」は、暖かくなって、砂丘植物も砂の中から芽を出してきました。

「ウンラン」と「ハマニガナ」です。





外来植物も目立ってきました。


こちらは、砂丘には余分なものなので除草します。


写真に撮ることはできませんでしたが、ヒバリが春を告げるように鳴きながら飛んでいる姿を見かけました。

もうそこまで”春”が来ています。


《おまけ》

砂丘を歩いていると「落とし穴?」を発見しました。




防砂林の切り株が朽ち果て空洞になったもののようです。

直径は25センチくらい、深さは、60センチ以上はありそうでした(暗くてよくわかりませんでした)。

観光客の方がはまると危険ですので、砂で埋めましたが、埋めるのにも時間がかかりました。
結構深かったです。


(オレンジレンジャー)

砂丘事務所 2011/03/12

<2019年9月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345
6789101112

月別アーカイブ