鳥取砂丘レンジャー日記

2011年2月12日

動かない砂と流れる砂。

本日の鳥取砂丘も、冬型の気圧配置で風も強く、寒い1日でした。あいにくの、・・・連休寒波で少し残念です。午前中の観光客の皆さんは、馬の背頂上(47m)まで、歩かれて満足そうでした。
馬の背

馬の背頂上

・・風も弱く、・・砂も、・・じぃっ~として、動きません。皆さんの、・・足も、・・・。
・・でも、日本海の波は穏やか?・・・では、ありませんでした。・・・やはり!
13時30分ごろ、階段上

馬の背

・・一瞬で、・・吹雪になりました。


・・ほんの、2時間くらいで、砂丘の景色は、この変わりよう~。

・・それから~、1時間後は?・・今度は、「流れる砂」
サンドボード側

・・この風景は、若者の方に、人気があります!この中を、全力疾走で走って行かれます。
・・なかなか>、砂が流れている景色は見られませんからね。

・・明日の日曜日は、砂が、どんな様子になるでしょうか?
・・その砂の風景と、・・今の自分の気持ちは?、・・・ピッタリ☆・・かも?

・・「静止か?」・・・立ち止まって動かないか?
・・「飛ぶか?」・・・風の吹く方向へ流されるか?・・・それとも、地上を、走るか?
第二砂丘列

・・私は、・・明日は、寒波が緩みそうなので~、・・走ると思います。
・・休みの最後の日に、砂丘へ来れそうですか?

(青レンジャー石橋)

砂丘事務所 2011/02/12

<2021年5月>
2526272829301
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000