当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取砂丘レンジャー日記

2010年10月12日

祝 ジオパーク加盟決定! 最初のツアーはこれだ 

多鯰ヶ池ぐるり一周、学び&食のツアー。ジオパーク加盟決定後、記念すべき最初のガイドツアーです。参加者は総勢35名にもなりました。それでは、さっそく、イエローレンジャーの報告です。


「多鯰ヶ池からこんにちは!まさに鳥居をくぐると雰囲気ががらりと変わる。いよいよ、これから多鯰ヶ池の不思議に迫る。」
多鯰ヶ池1


「多鯰ヶ池は流入河川がなく、流出河川もない閉ざされた池でありながら、いくら雨が降ってもその水位も一定に保たれる。そこには地形・地質的な秘密があるようだ。先生の解説は今まで聞いたことのない話題が多く刺激的だ。」
多鯰ヶ池2


「現在の多鯰ヶ池は農業用水として利用されている。そこには先人の挑戦があった。
江戸時代(安政年間)から取り組まれた鳥取藩と宿院義般氏の湯山池干拓事業により、湯山池は20haの新田に生まれ変わったという。これは多鯰ヶ池から湯山池へ疎水を引き込み、その流水を利用して「砂」を湯山池へ流入させることで干拓したというもの。ただの水路にしか見えないのに、そこには砂丘の歴史があった。ガイドツアーならではの体験だ。」
多鯰ヶ池3



「多鯰ヶ池では、その生態系を脅かしている外来魚の捕獲調査を行っているが、なんと、この後、ツアー参加者は、多鯰ヶ池産ブラックバスを試食することになるのだ。」
多鯰ヶ池4
 

「試食会のメインは多鯰ヶ池産ブラックバスのソテーとフライ。多鯰ヶ池産ブラックバスは臭みも少なく、揚げたてのフライは特に評判がよい。ブラックバスの魚醤を使った料理も試してもらった。さて、その評判は?」

多鯰ヶ池5

「今回のメニューはこれだっ!」
多鯰ヶ池6


「多鯰ヶ池の自然と歴史に触れた今回のツアー。これからも多鯰ヶ池にしっかりと光を当てて、その魅力アップにつなげていきたい。」

多鯰ヶ池ツアーは、県砂丘事務所が22年度から取り組んでいるものです。たくさんの人に隠された魅力に触れていただけるよう、多鯰ヶ池ガイドツアーを企画していきますので、ぜひ、お試しください。

砂丘事務所決裁 2010/10/12

<2019年10月>
293012345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789

月別アーカイブ