当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取砂丘レンジャー日記

2010年5月10日

★第4期砂の美術館 開催中★

サンドパルとっとりにて開催中の、砂の美術館へ行ってきました!
砂の美術館は「砂」を素材にした作品を展示する唯一の野外美術館です。

第4期となる今回のテーマは、
「砂で世界旅行・アフリカ~偉大なる大陸の歩みを訪ねて~」。

会場に一歩足を踏み入れると・・・・

そこには想像をはるかに超えた、幻想的な世界が広がっていました。
砂の美術館
すごいっ!!すごい迫力!!

今にも砂像からぴょんっと、動物達が飛び出してきそうな臨場感!!

近くでじっと見てみると、動物達の体の模様や目、表情など
細かい部分まで丁寧に彫られているのが分かります。

ただ感動するだけではなく、砂像を通じてアフリカの
動物や自然、国の歴史を学べるのも大きな魅力の一つです。

砂の美術館
こちらの作品名は「鉱山の様子~資源の魅力と過酷な労働~」。

劣悪で厳しい労働環境の下で働く黒人の鉱山労働者。
それを支配しているのが裕福な白人。

砂の美術館
こちらの作品名は「ネルソン・マンデラ~新しいヒーローの誕生~」。

ネルソン・マンデラは反アパルトヘイト体制を
平和的に終結させ、ノーベル平和賞を受賞。
その後大統領に就任し、現在はユネスコ親善大使として活躍しています。

右側にいる男性の手には、来月南アフリカで開催される
FIFAワールドカップのトロフィーが♪

砂の美術館

こちらの作品名は「ゴリラの森~密漁の悲しい歴史~」。

ペットやはく製、高価な肉として密漁されつづけてきたゴリラ。
子どもを必死で守っているゴリラの家族を狙う人間達が描かれています。


今月6日には入場者数が5万人を達成!!
なんと、これまで行われた砂の美術館で最速の記録だそうです。

鳥取砂丘で雄大な景色を満喫した後は、
砂の美術館で砂の違った魅力に触れてみる。
そんなコースはいかがですか?

来年の1/10まで毎日開催しています★
日没後はライトアップも行われていますよ。

詳しくはコチラ→ http://www.sand-museum.jp/
砂の美術館

砂丘事務所 2010/05/10

<2019年9月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345
6789101112

月別アーカイブ