鳥取砂丘レンジャー日記

2009年7月22日

世紀の天文ショー

日本の陸地から皆既日食が観測できるのは1963年7月21日以来46年ぶりというビックイベント。
ここ鳥取砂丘では部分日食が観測できるとのことで楽しみにしていました。
2009.7.22
あいにくの曇り空で観光客の方も見えるのかな?と不安そうに空を見上げています。

予定では10時頃が食の始めということでした。その時間になり曇り空から太陽が顔をのぞかせました。
2009.7.22
馬の背頂上で世紀の天体ショーを見ようと多くの観光客の方がいて「おおー見えた」と歓声が上がりました。

2009.7.22
食の始まり(2009年7月22日10時39分撮影)

曇り空と霧がかっている空模様のお陰で日食グラスなしでも見ることができましたが、
基本的に太陽を直接見ると目を傷めますのでしてはいけません。

2009.7.22
世紀の天体ショーを楽しむ観光客 これを楽しみに県外からも多数いらしてました。

2009.7.22
食の最大と思われます(2009年7月22日11時3分撮影)

2009.7.22
食の最大 三日月を見ているようでした

2009.7.22
食の終わりになり始め(2009年7月22日11時21分撮影)

2009.7.22
日食メガネで観察 

次に日本の陸地から見ることができるのは、2035年9月2日で北陸や北関東のエリアです。
世紀の天文ショーを見ることが出来て良かったです。(松尾レンジャー)




砂丘事務所 2009/07/22

<2021年10月>
262728293012
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000