鳥取砂丘レンジャー日記

2009年6月22日

手紙

ここ最近晴天が続いていましたが、久しぶりにまとまった雨が降りました。あまりに降水量が少ないので農作物にも影響が出始めているようなので、恵みの雨ではないでしょうか。砂丘植物もいつもより元気そうに見えましたが、じめじめする天候です。
そんな中心温まる手紙を頂きました。鳥取市立岩倉小学校4年生の生徒さん達からです。
6月9日に社会見学の一環で鳥取砂丘に訪れ、砂丘レンジャーが説明をしました。
そのお礼の手紙です。

手紙の内容を抜粋して紹介します。
・僕は砂丘にゴミを絶対に捨てないように心がけて遊びます。
・鳥取砂丘のよい所、見所、してはいけないことがよくわかりました。
・特に勉強になったことは、砂丘の砂は夏になったら60度まで上がることです。
・新砂丘、古砂丘を初めて知り勉強になりました。
・5万年も前の火山灰が残っているってすごいと思いました。
・砂丘のルールが出来たということを教わりとても勉強になりました。
・お父さん、お母さんにもこんなきまりがあるんだよと教えてあげました。
・僕は、砂丘のルールを守って一番きれいな砂丘にしたいのでルールを忘れません。
・砂丘に行ったことがなかったのでいろいろと教えてもらえて嬉しかったです。
・馬の背に登って楽しかったです。
・お体に気をつけてがんばってください。

などなど貴重な意見を沢山頂きました。鳥取砂丘をもっと好きになってもらいたいと思います。
またのお越しをお待ちしています。ありがとうございました。(松尾レンジャー)
2009.6.22
お礼の手紙
2009.6.9
鳥取市立岩倉小学校4年生のみなさん

砂丘事務所 2009/06/22

<2023年1月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
567891011

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000