自然保護監視員日記


 中部担当の自然保護監視員が、日々のパトロールの中で発見したこと、感じたこと等を綴りながら、中部地区の魅力的な自然の数々をご紹介します。
 

2022年3月11日

アニマルトラッキング その3

 3月になり春らしい天気の日が多くなりました。山間部に出かけると、雪がまだ残っている所があり、今シーズンは雪が多かったことを実感します。
 
 春らしい天気の中、雪の上を歩いていると、動物の足跡を見つけました。

 今回見つけた足跡の写真はこちらです。

足跡2

 こちらは、足跡の拡大写真です。

 拡大写真に蹄(ひづめ)と進行方向の印を付けてみました。 青色の丸印が主蹄(しゅてい) 赤色の丸印が副蹄(ふくてい)です。蹄が4つあり、しっかりと足跡に残っているので、これはイノシシの足跡です。イノシシは、鳥取県内に多く生息し、農作物に被害を与える動物として有害駆除対象になっています。

足跡

 次に、イノシシがどんな行動をしていたのか印を付けてみました。 雪の中を下から上に向かって進んで、 急斜面を登っていて、イノシシの脚力が強いことが分かります。

 イノシシは、雪に弱い動物で、30cm以上の積雪が70日以上続く地域には生息できないといわれています。今シーズンの大雪によって、イノシシの生息数に影響があるのか気になるところです。

主な参考文献
・アニマルトラック&バードトラックハンドブック 野山で見つけよう動物の足跡 今泉忠明/著 自由国民社 2020年

中部総合事務所環境建築局 2022/03/11



問合せ先

中部総合事務所 環境建築局 環境・循環推進課

(自然公園担当)
電話:0858-23-3276  Fax:0858-23-3266

(野生鳥獣・狩猟免許担当)

電話:0858-23-3153  Fax:0858-23-3266

  
<2024年6月>
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456

  このページの見方 

・記事のタイトルをクリックすると、全文が表示されます。

・「トップページ」をクリックすると、記事の一覧に戻ります。

・カレンダーの日付をクリックすると、その日の掲載記事が表示されます。
 (※ただし、選択できるのは下線がある日のみです。)

・カテゴリーの項目をクリックすると、そのカテゴリーに分類された記事が表示されます。

    Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000