当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取砂丘レンジャー日記

RSS 1.0
2011年8月」で絞込み

2011年8月25日

ウンランが開花しました

連日 炎天下の鳥取砂丘は、まさに灼熱地獄で生き物や植物は命を終えたものもいます。
ウンランも例外ではなく本来の緑色を失い、「枯れたのかな?」と思わせる色となっています。
夏バテしたウンラン

ところが、暑さのピークを超えた先週頃より新芽が芽生え始めました。
ウンランの新芽

周りを見るとツボミも見られ、開花の準備は着々と進んでいる様です。
ウンランのツボミ1 ウンランのツボミ2

この様子ならば開花も近いな! と思った時に既に開花したウンランを見つけました。
ウンラン

ウンラン は
ゴマノハグサ科の植物で、砂の移動の少ない安定地に分布し、他の植物と混生することが多い。
秋にクリーム色の花を咲かせ、花がラン科の植物に似ていることより「海蘭(ウンラン)」の名がついた。

しかし、こんな哀れなウンランの姿もみられます、多分アメリカネナシカズラに寄生され枯れてしまったと考えられます。
枯れたウンラン


近日中には順次開花します、皆様この可愛い花を是非ご覧ください。

(赤レンジャー)

砂丘事務所 2011/08/25

2011年8月24日

あせらず、ゆっくり歩いて。

本日の鳥取砂丘は南風が吹き、気温が上がって蒸し暑い一日でした。砂の表面も乾き、やっと!風紋が見られました。皆さんは気づかれたでしょうか?
砂丘の中では、この馬の背の頂上から左側へ歩くと、よく見られますよ!
馬の背

さて、8月も終盤を迎えようとしています。鳥取砂丘では今週の土・日曜日は「第7回全日本サンドボード選手権大会」が行われますので、この夏の思い出に是非、砂丘へお越し下さい。
・・日本海に向かって滑り降りる砂丘のニュースポーツです。

(青レンジャー)
☆今日は砂丘の中をすごい速さで走っている、40代の女性の方がいました。「どうしたのですか?」と尋ねると、「今日は鳥取に泊まるので、また明日来ます!ハァ~ハァ~。」
皆さんは、あまり真似されないように!

砂丘事務所 2011/08/24

2011年8月23日

「蜂vsクモ」の死闘!

本日の鳥取砂丘は雨でした。止んでは降りの繰り返しで、・・傘が手放せませんでした。雨が降ると砂丘の景色は白い霧に包まれることもあります。


夏休みも残りわずかとなりましたね。今日も親子連れの方が多かったです。鳥取砂丘へお越しになる子供達は、昆虫がとても大好きなようです。砂丘事務所と(財)自然公園財団の入口には、「大ゴキブリ」「オオハサミムシ」「アリジゴク」などが見られるので、とてもにぎやかです。

これは、蜂が穴を掘って、クモを引きずり込もうとしている場面です。










残念ながら最後まで見る事ができませんでしたが、・・。
砂丘の中で繰り広げられた格闘でしたので子供達に見せてあげたかった。
砂丘に来たら、また気軽に声をかけてくださいね!

(青レンジャー)

砂丘事務所 2011/08/23

2011年8月22日

涼しくなった砂丘。

本日の鳥取砂丘は日中、曇り空でしたが薄日が差していました。砂丘に吹く風も日に日に、涼しく感じられるようになりました。熊本県からのおじいちゃんは、「熱中症にならなくていいです!(笑)」とニコニコ笑顔で、砂丘の解説を聞いてくれました。


今日は、お盆以降~久しぶりにツアー観光客が多く来場されていました。若者達のグループも目立ちましたよ!


新潟、長野、埼玉、静岡、高知の方など、全国各地から「鳥取砂丘」へようこそ!
・・今日はアメリカ、イスラエル、韓国、中国からもお越しいただきました。
 
これから鳥取砂丘は「秋」へと変わり、また違う砂丘の風景が見られます。
みなさんとまたお会いできる日を楽しみにしています!

(青レンジャー)
・・夕方から小雨模様となり、じっと待っている方もいたのに・・。今日は「夕陽」が見られませんでした。

砂丘事務所 2011/08/22

2011年8月21日

鳥取砂丘魅力満喫ジオツアー第4弾

鳥取県砂丘事務所では、鳥取砂丘の魅力を多くに人に知っていただこうと、毎月鳥取砂丘魅力満喫ジオツアーを開催しています。

今回は、「トワイライトツアー 親子わくわく星座観測」と題して、鳥取砂丘から夏の夜空を観察するツアーを開催しました

満点の星空を期待していましたが、一面雲に覆われたあいにくの空模様。それでも熱心な9組の親子が参加してくれました。

まずは砂丘に上がって、イカ釣り漁船の漁火を眺めながら、イカの漁法、性質などについて学びます。
(写真は若干ピンボケですが、奥の水平線に見えているのが漁火です。)
漁火

ここで超大型双眼鏡の登場。本当は夜空の星を見たかったところですが、お父さんお母さんに持ち上げてもらって、漁火を見てみることにします。思った以上にまぶしい光が目に飛び込んできて思わずビックリ。
大型双眼鏡

今度は場所を明るい屋内に移して、星についての勉強をします。
「星ごとに青や黄色、赤など色が違う?」
「時速200kmの新幹線で休まず走り続けても月に着くのに80日間かかる?」
「でも光の速さだと月まで1.3秒で行ける?」
「その光の速さでも彦星まで到着するのに16年かかる?」
「北斗七星には目のいい人にしか見えない8つ目の星がある?」
「季節によって北斗七星の見える場所が違う?」

何気なく見てきた夜空の星にも不思議や驚きがいっぱいあります。
一生懸命話を聞いたり、メモを取ったりしていた子供たち。星への興味を持つことは出来たでしょうか。
星の勉強


砂丘事務所では、毎月ツアーを企画しています。
来月は豪華二本立て、9月12日(月)には「十五夜観察会in鳥取砂丘」を行います。
今回は少し残念な天気でしたが、今度こそ晴天に恵まれることを期待しています。
定員にはまだ余裕がありますので、多くの方の御参加をお待ちしています。

(ミドレンジャー)

砂丘事務所 2011/08/21

2011年8月
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
45678910

月別アーカイブ