当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取砂丘レンジャー日記

RSS 1.0
2010年11月」で絞込み

2010年11月24日

鳥取砂丘の夕日

雲の隙間から夕日が輝いていました。
とてもきれいな夕日にしばし感動。

砂丘事務所決裁 2010/11/24

2010年11月23日

紅葉が見ごろですが・・・・。

今日の鳥取砂丘は、時折、小雨で気温も低かったです。・・・この時期の鳥取砂丘の景色は、晴れたり曇ったりで時間をおって、さまざまに・・変化します。
馬の背東側


・・・と思ったら・・・また晴れ間になり・・温かくて・・・・。
馬の背斜面

ところで、・・・今は紅葉のラストスパートのころですね!観光客の方で、鳥取県内の紅葉を写真におさめて、最後に鳥取砂丘でシャッターを押されている方も何人かおられました。
「鳥取砂丘は紅葉しませんよね~・・・・・?]の一言に、・・・以前、「ハマゴウ」って・・・紅葉するんですか?・・・・との質問を受けた事を思い出しました。・・・・今日の「ハマゴウ」の写真です。
実をつけたハマゴウ

実が黒くなったハマゴウ
ハマゴウ

・・・・しっかり、紅葉してます。実は「ハマゴウ」は樹木なんです。砂の動きが安定すると、枝は砂上を這います。真夏の太陽を受けて咲いた花は昆虫たちが蜜や花粉を求めて集まります。花や実には芳香があり・・・・黒く熟した実は乾かして薬用にもなります。
(砂丘内は採取はダメです。)

・・・と言う事で、観光客の方からの・・・質問にもお答えができました!

(石橋レンジャー)

砂丘事務所 2010/11/23

2010年11月22日

鳥取砂丘魅力満喫ジオツアー「砂の海岸」、「石の海岸」

11月21日に開催した鳥取砂丘の「砂の海岸」と大谷海岸の「石の海岸」を巡るツアー!まさに「ジオツアー」にふさわしい内容です。天候にも恵まれ、気持ちのいいツアーになりました。イエローレンジャーどうぞ。

「鳥取砂丘からこんにちは。今日は「砂の海岸」と「石の海岸」を訪ねて学ぼうというツアーだ。特別に県立博物館の山口先生をお呼びして、最後は岩石図鑑(標本)を作ることも体験する。」


「≪砂の海岸≫鳥取砂丘の砂浜はどうしてできたのか。砂の丘はどうしてできたのか。砂は砂丘の主役だが、もう一人、影の主役は風だ。」
sunanokaigann1


「鳥取砂丘では、砂粒を観察。
2カ所の砂粒を観察したが、場所によって砂粒は異なる。海岸と内陸では明らかに砂粒が違っている。」

sunanokaigann2

「≪石の海岸≫大谷海岸では礫浜(れきひん)と砂浜の両方をみることができる。その砂は蒲生川が運んだもの。礫浜(れきひん)の石は駟馳山(しちやま)が崩れ落ちて波に洗われてできたもの。先生が踏台にしている黒い固まりは溶岩。駟馳山(しちやま)はきれいな形だし、ひょっとして…火山?」
ishinokaigann1


「先生、この石はどんな石ですか?質問攻めにあってもてきぱきと回答する山口先生。きっと石が大好きなのだ。珍しいのは黒っぽい松脂岩だそうだ。」
ishinokaigann2

「鳥取砂丘サンドパルに移動し、今日のツアーの解説。なんと駟馳山(しちやま)は火山ではなく、火山から噴出した火砕流が正体であった。それでは、その火山本体はどこにあったのだろう。現在では、その場所は分からないそうだ、残念。」
hyouhonn1


図鑑作りは大変だったけど、全員完成。

hyouhonn2

下の標本は砂丘事務所スタッフが作ったもの。
名札をつけると拾ってきた石も大切な物に見えてくるから不思議。
hyouhonn3

「鳥取砂丘の砂の海岸」と「大谷海岸の石の海岸」に同時に光を当てるという山陰海岸ジオパークならではのツアー。これからも、たくさんの人たちに山陰海岸ジオパーク、鳥取砂丘を体験してその魅力に触れてほしい。」

以上 イエローからのツアー報告でした。
砂丘事務所では、毎月、企画ツアーを行っています。講師の先生も充実しており、楽しい時間を過ごすことができます。次回は12月21日に月食観望会ツアーを計画しています。是非、参加してみてください。

砂丘事務所 2010/11/22

2010年11月20日

晩秋の鳥取砂丘

本日(11月20日(土))の鳥取砂丘は穏やかな小春日和で、風も冷たくなく快適な観光日和となりました。
観光客の皆様は、ゆったりと砂丘を満喫されている様に見えます。
砂丘の観光客

砂丘を見渡すと足元には綺麗な風紋が、遠くには雪に覆われた大山がクッキリと見えます。
風紋 大山

最近 鳥の群れが砂丘内を飛んでいます。 この鳥を近くで見ることが出来ず名前を確認することが出来ません、どなたかこの鳥の名前を教えて下さい。
鳥の群れ

海岸に下りてみると「ハマシギ」(?)が、日向ぼっこをしている様に見えます、隣にいるのは家族かな?カップルかな?
ハマシギは渡りの途中に砂丘で休息しているのかな?
とり

今年も、鳥取砂丘イリュージョンが12月11日~12月26日まで開催されます。
現在準備中で、本日はボランティアスタッフの皆様で設営が進んでいます。
イリュージョン準備

鳥取砂丘イリュージョンの公式サイトで詳細をご覧ください。
       http://www.tottori-sakyu.jp/

開催されましたら、皆様 是非お越し下さい。

砂丘事務所 2010/11/20

2010年11月10日

積もっています。

と、言われたら普通は『雪』をイメージしますよね?
「雪と言えば、この前の大山の初冠雪のニュース見た?」「もう冬も到来真近かぁ~。」なんて、季節の話題に花が咲きます。

しかし!
ここ砂丘では、只今積もっているのは『砂』なんです。
砂丘階段
砂丘内に入る階段がこの通り。段差がなくなって、階段が埋まりそうです。
ここ数日間の強風で、砂が飛ばされて移動し、第三砂丘列付近(砂丘階段上がってすぐの辺り)に砂が積もっています。

もちろんこのままだと危険です。観光客の方に怪我をさせるわけにはいかない!
と、この時期は毎朝のように隣の(財)自然公園財団のスタッフさんが掃除をしてくれます。
砂かき
『雪かき』ならぬ、『砂かき』です。

砂丘内に建てられた堆砂垣は、砂が市営駐車場方面に飛んでいくのを防ぐ役割を果たしています。
こちらが普段の堆砂垣の様子です↓もちろん、ちゃんとした垣根になっています。
堆砂垣
それが今日!こんな感じに↓
堆砂垣
面影はどこへやら・・・。この上にさらに砂が積もって堆砂垣が埋まり、平らな砂地へとなる日もそう遠くありません。

この時期、砂丘内には強い風が吹いていますが、強い風が吹いているということは=風紋が出来やすいということです!砂丘にお越しの際は、是非カメラ持参で!お土産写真をいっぱい撮って帰って下さいね★
風紋

砂丘事務所 2010/11/10

2010年11月
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011

月別アーカイブ