当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取砂丘レンジャー日記

RSS 1.0
2010年7月」で絞込み

2010年7月24日

いよいよ今年も始まりました!!

鳥取砂丘の夏と言えば!!
これを忘れるわけにはいきません・・・はい、そうです。
毎年恒例「鳥取砂丘ボランティア除草」です!!

昨日7月23日(金)から今年もついに始まりました。
除草開始日のもようをお伝えします。

午前6時 開会式の後、この日の除草エリア、オアシス西側へと大移動。
除草エリアへ移動
平日の早朝6時だというのに、70人あまりのボランティアの方々に集結していただきました。

作業開始
除草風景

この日は
平井鳥取県知事&ご家族や
平井鳥取県知事
竹内鳥取市長にもご参加いただきました。
竹内鳥取市長

気温30度を超える中での作業。
除草風景
みなさんの額から大粒の汗が流れます。

約1時間半にわたっての作業で、101キロ、ゴミ袋(鳥取市指定 大サイズ)21袋分の草を回収することができました。

記念写真
開始日にご参加いただいた皆さん
お疲れさまでした&ご協力ありがとうございました。

鳥取砂丘ボランティア除草は
9月5日(日)までの毎週金・土・日曜日(8月13日~15日はお休み)に開催されます。
詳しくは↓↓
https://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=116513

まだまだ、ご参加いただける方を募集しています。
当日飛び入り参加も大歓迎です♪
みなさんの参加をお待ちしています。

砂丘事務所 2010/07/24

2010年7月19日

3連休最後の今日も鳥取砂丘はうだるような暑い暑い1日となりました。

と、そんな中・・・
午前10時すぎ、なんだか馬の背の斜面がにぎわい始めました。
馬の背斜面
多くの若者がぞくぞくと集まってきています。
馬の背の斜面
おや、なんだか文字が浮かび上がってきたような・・・
遠く離れてみると
夢
『夢』
鳥取砂丘に大きな『夢』文字が完成しました。

これは「山陰を元気にしたい!」という若者が山陰の魅力発信や環境への啓蒙活動などを目的に山陰ドリームプロジェクトと題して実施したイベント。彼らは山陰への熱い思いをもったドリ-マーなのです。

馬の背から夢を叫ぶ「夢コンテスト」も行われました。
夢叫び中

夢を思いっきり叫んだ後はオアシス付近にて除草活動を行ってもらいました。
夢いっぱい!元気いっぱい!のパワー溢れる皆さんは、「2チームに分けて、除草の量で対決しよう!」と楽しみながら除草していました。
除草
時刻は12時半と、とても熱い中、常に笑い声が絶えずみんな笑顔★
何でもみんなで楽しみながら一生懸命にする!そんな彼らの精神がとても素敵でした!
除草
みんなの共通点は「鳥取が大好き!」ということ。

いつの間にかみんな除草に熱中し、予定時間を20分延長して除草をしてくれました。
最後はみんなで記念撮影☆
除草
本当に素敵な皆さんでした。どうもありがとうございました!

(長谷川レンジャー)


砂丘事務所 2010/07/19

2010年7月17日

☆梅雨明け&夏モード全開☆

九州北部から関東甲信地方にかけて、本日「梅雨明け」が発表されました。
鳥取砂丘も待ちに待った梅雨明け!夏本番へと突入です!!
馬の背の風景
見てください、この青々とした空! っくぅ~~「夏」です!!

そして3連休初日の今日は朝から大賑わい♪
青空と砂丘
砂の上を走り回る子どもたちの姿が多く見られました。
その横で大人はヒーヒー、ハーハー 笑。

というのも今日の鳥取市の最高気温は33.7度。砂の温度も急上昇。追い打ちをかけるかのように暖かな南風まで吹いてきて、「暑い、ただただ暑い」そんな1日でした。

日ざしもより一層強さを増し、すでに日焼けして真っ黒になった砂丘レンジャーでさえ、肌がヒリヒリするほど・・・笑。

「夏」を感じたいあなたは、ぜひ鳥取砂丘へ♪
熱中症、日焼け対策をお忘れなく!!(石橋レンジャー)
夏モード全開の風景

砂丘事務所 2010/07/17

2010年7月15日

生き物たちの憩いの場

みなさんご存じのとおり、鳥取砂丘の中心部には「オアシス」と呼ばれる涌水池があります。夏には影も形もなくなるほどカラカラになるこの池ですが、今は梅雨。オアシスにはたっぷりと水がたまっています。

‘oasis’とは・・・日本語にすると
1 砂漠の中で、水が湧き、樹木の生えている所。
2  疲れをいやし、心に安らぎを与えてくれる場所。憩いの場。

ここは鳥取砂丘、砂漠ではありませんが、まぁそこはよしとしましょう。確かに水が湧き出しています。
樹木・・・?ではないですが、周辺には多くの砂丘植物が生えています。

そして、まさに今日「疲れをいやし、心に安らぎを与えてくれる場所。憩いの場。」を証明する風景が広がっていました。

まずは、こちら。
トノサマバッタ
トノサマバッタ。
トノサマバッタは年に2回、夏のはじめと秋に姿を見せる大型のバッタです。

次は、バッタはバッタでも
ショウリョウバッタ
ショウリョウバッタ。
完全にコウボウシバ(砂丘植物)と同化していますが、目をこらすと、うん、バッタです。
日本に分布するバッタの中では最大種、梅雨明け頃から晩秋にかけて現れるようです。今まさに中国地方は梅雨明け目前です。

バッタだけではありません。
シオカラトンボ
トンボたちも集っています。
こちらはシオカラトンボ。
老熟するにつれ、胸部~腹部前方が塩のような灰色の粉で覆われることが名前の由来とのこと。
ちなみに「塩辛」との関係はないようです 笑。

そして、夕焼~け小焼け~の♪
赤とんぼ
赤とんぼ♪
赤とんぼといえば秋のイメージですが、だいぶ気の早いとんぼなのでしょう。梅雨明けも待たずして、砂丘に登場です。
(「赤とんぼ」と記載していますが、「ウスバキトンボ」の可能性もあります)

毎日、ジメジメとした蒸し暑い日が続いています。
やはり生き物たちも涼しげな水のたまった池を好むのでしょう。
まさにいま、オアシスは「憩いの場」。癒しをもとめた生き物たちで賑わっています。

(谷村レンジャー)

砂丘事務所 2010/07/15

2010年7月6日

霧の中の・・・鳥取砂丘

7月と言えば・・・・・もうすでに夏ですね。でも、鳥取砂丘では梅雨で天気の悪い日が続いています。
今日は、朝から、霧が立ちこめ・・・真っ白で!びっくり・・・!

市営駐車場

砂丘階段上

霧の中を、吸い込まれるように、砂丘の中へ歩いて行くと・・・・・。

馬の背
午前9時45分ごろ


観光客の皆さんは・・・すごい! しっかりと、ウォーキングを楽しんでおられました。
青レンジャーも負けずに・・・・オアシスへ移動しました。

オアシス

すると、オアシスで・・・「とんぼ」を発見!・・・・・


どうですか~? 一生懸命に羽を広げています。
次は~何が見られるかなぁ~と・・・期待していると・・・・・!



あっという間に・・・霧が晴れて、観光客の皆さんの様子がはっきりと・・・・。

しかし、よく風景が変わりますね~・・・。これも、「鳥取砂丘」の見所のひとつ☆ですよね!
午後からは・・・・・また、霧に包まれました。
階段上

 さぁ~! 皆さん7月に突入しましたよ!
梅雨明けしたら、・・・・・海開き、七夕、海の日、夏休み・・・・・。イベントもたくさんの季節です。
この夏も、鳥取砂丘へお越しくださいね!
お待ちしております。(笑)

石橋レンジャー

砂丘事務所決裁 2010/07/06

2010年7月
27282930123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567

月別アーカイブ