当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取砂丘レンジャー日記

RSS 1.0
2010年6月25日」で絞込み

2010年6月25日

ヒバリのたまご

 昨日6月25日に鳥取砂丘を巡視中、近づいてもなかなか逃げないヒバリを見かけました。
 「どうしたんだろう? 」と近づいていくと、鳥は飛び去りましたが、オニシバの草むらに卵の3個入った巣を発見!なるほど、ヒバリの親鳥が卵を守ってたんですね。知らずに踏んづけなくて良かった、と胸を撫で下ろしました。
 ぐっと近づいてカメラに収めようとすると、上空で「ピルピルチュルチュル・・・」と先ほどのヒバリがさかんにさえずります。さえずるというより「大事な卵に触るな!触るな!触るな!」と文句を言っているという方が近いかも?ごめんなさい、決して盗ったりしませんから、と言い訳しながらシャッターを切り、その場を立ち去りました。 

たまご
ヒバリの巣とたまご

 
 ついつい気になって、今日も巣の様子を見に行くと、なんと!卵が3つとも孵化していました。
 ヒナは生まれた直後らしく、なんとなく湿っていて、羽毛に包まれています。
 これまで、砂丘をねじろにする鳥の卵を見かけることはあっても、なかなか生まれたてのところに遭遇することがありませんでした。
 卵が無事にかえってくれて、とても嬉しかったです。
 このまま順調に成長して、巣立ちを迎え、鳥取砂丘を元気に飛び回ってほしいものです。

ひな
孵化して間もないヒナ3羽


 ところで、今日は別のポイントでもヒバリらしき鳥の卵を発見。
 昨日のヒバリの巣とは違って、草むらにこっそりと巣作りされているわけでもなく、「砂の上に何気なく産み落としました・・・」という様子が気になるところです。あたりに親らしき姿も見かけなかったし、もしかして超放任主義のヒバリが産んだ卵なのでしょうか。こちらも無事に育ってほしいものです。(堀部レンジャー)

砂の上の卵
砂丘の砂に抱かれた卵


 

砂丘事務所 2010/06/25

2010年6月
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930123
45678910

月別アーカイブ