当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取砂丘レンジャー日記

RSS 1.0
2009年10月8日」で絞込み

2009年10月8日

気づかせ屋シリーズ!(砂丘の生き物)

 砂丘事務所では、(財)自然公園財団鳥取支部との共催で、秋の砂丘ガイドツアー「砂丘の不思議発見隊」と“砂丘、時空の旅”を開催中です。そのツアーの中でもいくつかご紹介するのですが、今日は砂丘に生息する生き物について少し書いてみます。

 まずは、蜘蛛です。
蜘蛛 
 これは、どこにでもいそうな蜘蛛。みなさんご存じかもしれませんが、昆虫の脚は6本、蜘蛛の脚は8本。虫は虫でも蜘蛛は昆虫ではないんです。

 そして、鳥取砂丘に生息する蜘蛛。
イソコモリグモ
 「イソコモリグモ」といいます。主として日本海側の砂地、特に砂丘地に生息する大型クモで成体は2センチ位になります。
 背面は見てのとおり砂の色に似た地味な灰白色ですが、腹部はよく目立つ黒い斑点が数個並んでいます。
 他のコモリグモ科の蜘蛛は、ほとんど一定の住みかを作らないのですが、このイソコモリグモは砂地に管状の穴を掘り、巣として生活に利用しています。(鳥取砂丘検定公式テキスト 33ページ)

 次に、アリジゴク。
アリジゴク
 鳥取砂丘には4種類のアリジゴクが生息しています。
 アリジゴクの多くは、前向きには歩くことができません。砂の上においてやると、後ろ向きに進みながら砂の中にもぐっていきます。穴を作るときは渦状に回りながら、砂粒を飛ばして次第に穴を大きくしていきます。
 穴を作らないアリジゴクもいるのですが、彼らは前後に自由に歩くことができ、穴を作る仲間より大きな体をしています。(砂丘検定公式テキスト 31ページ)

 今日はひとまず2つの生き物を紹介しましたが、鳥取砂丘にはまだまだ多くの生き物が生息しています。

 みなさん、「鳥取砂丘」に来てみんさいな!!

 そしてお越しになった際には
 ☆来たときよりも美しく☆ スリーサンドをお願いします。
  ・汚すな(砂)・・・落書き禁止、ゴミのポイ捨て禁止
  ・無すな(砂)・・・砂丘植物、動物の採集禁止
  
・見逃すな(砂)・・・風のつくる芸術、その一瞬を見逃してはいけません。(まばたき禁止ではありません。)

 
そして今日は最後にもうひとつ。
 私の強く印象に残っている、とある日の関西からの観光客の方の声を紹介します。
 砂丘階段を登って立ち止まり・・・「めっちゃ砂丘ーぅって感じがするー!!」との第一声。続いて「砂がサラサラやぁ~!!」「砂だけだから、いいねん!!」(笑)(笑)(笑)でした。(石橋レンジャー)

砂丘事務所 2009/10/08

2009年10月
27282930123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567

月別アーカイブ