消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)の導入について

 内閣府から、インボイス制度に関する案内が以下の通りありましたので、周知します。


 消費税の軽減税率制度の実施に伴い、令和5年10月1日から消費税の適格請求書等保存方式(いわゆるインボイス制度)が導入されることとなっています。

  インボイス制度においては、消費税の仕入税額控除のために適格請求書(インボイス)の保存が必要となり、インボイスの交付を行うためには本年10月1日に開始される税務署への「適格請求書発行事業者(注)」としての登録申請が必要になるといった現行制度からの変更点があります。また、制度の円滑な移行のため、免税事業者からの仕入れについても、制度導入後の3年間は仕入税額の80%、その後の3年間は仕入税額の50%を控除できる経過措置が設けられています。
(注)インボイスを交付できる事業者として税務署の登録を受けた事業者のことを指し、課税事業者がこうした登録を受けられることになっています。


 詳細は以下をご参照ください。

【国税庁 インボイス制度特設サイト】 ※ 動画チャンネルへのリンクがあります。
【適格請求書等保存方式の概要 -インボイス制度の理解のために-】
【消費税の仕入税額控除制度における適格請求書等保存方式に関するQ&A】


<インボイス制度に関する一般的なご質問やご相談>
軽減コールセンター 0120-205-553(無料) 【受付時間】9時00分~17時00分(土日祝除く)


最後に本ページの担当課    鳥取県 地域づくり推進部 県民参画協働課
   住所  〒680-8570
            鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話  0857-26-77510857-26-7751    
   ファクシミリ  0857-26-8112
   E-mail  kenminsankaku@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000