当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
健康政策課のホームページ
 サーバのメンテナンスのため、9月21日(土) 0時~23日(月)18時の間、とりネットの一部コンテンツがご利用いただけません。詳細は、お知らせをご覧ください。

ヒートショックを防ぎましょう!

ヒートショックを防ぎましょう 

ヒートショックとは

 急激な温度変化による血圧の急変をきっかけに起こる健康被害を言います。
 脳卒中や心筋梗塞、失神などを起こしたり、入浴中の溺死や急死につながることもあります。
とくに冬場の入浴では、暖かい居間から寒い脱衣室や浴室へ移動するため、寒冷刺激で血圧が急激に上がり、浴槽の温かい湯につかることで血管が拡張して血圧が急激に低下するなど、血圧が大きく変動することになりますので、注意が必要です。

〈鳥取県で平成29年度内に浴室内で発生した救急事案件数(65歳以上)〉

 H29搬送件数
※鳥取県各消防局集計結果。
 消防局では、発生場所、年齢は把握しているものの、詳細な原因までは特定されていないものもあるため、ヒートショックが原因と断定できないものも一部含みます。   

 

ヒートショックの危険性が高い人

高齢者や、高血圧、糖尿病、脂質異常症がある方は血圧の変化が起きやすいので注意が必要です。
 

入浴時のヒートショックを防ぐ6箇条

☆急激な温度変化による影響を防ぐために、住宅内の温度差を小さくすることが大切です。
                                                                         
 (1)入浴前に脱衣所や浴室を暖める。
 (2)湯温はぬるめにする。                                                  
 (3)かけ湯で体をお湯に慣らす。
 (4)浴槽から急に立ち上がらない。
 (5)食事直後・飲酒時の入浴は控える。
 (6)同居する家族がいる場合は一声かけてから入浴する。    
                                                                                                                                         
 鳥取県作成リーフレット「冬は特に!ヒートショックに注意」(PDF:399KB) 
  

最後に本ページの担当課    鳥取県福祉保健部
             健康医療局 健康政策課

    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-72270857-26-7227    
    ファクシミリ  0857-26-8143
    E-mail  kenkouseisaku@pref.tottori.lg.jp