当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

自動車税のグリーン化税制について

自動車税のグリーン化税制について

 自動車税のグリーン化税制とは、地球温暖化防止などの観点から、環境への負担が大きい車は、特例的に自動車税が高くなり、排出ガスや燃費性能が優れた環境に優しい車は自動車税が軽減される制度で、平成14年度から全国一斉に実施されています。
  

【軽課】自動車税が軽減される自動車(環境にやさしい車)

平成26年4月1日~平成28年3月31日までに新車新規登録された自動車のうち、下表に該当するものについては、登録年度の翌年度(平成27年度又は平成28年度)に限り自動車税が軽減されます。

 特例対象車

 軽減率

電気自動車、天然ガス自動車(ポスト新長期規制からNOx10%低減)、プラグインハイブリッド車、クリーンディーゼル乗用車

 税率を概ね75%軽減

 新★★★★ かつ H27年度燃費基準 +20%達成車
(H32年度燃費基準達成)

 新★★★★ かつ H27年度燃費基準 +20%達成車
(H32年度燃費基準未達成)

税率を概ね50%軽減 

 新★★★★ かつ H27年度燃費基準 +10%達成車


 ※ 新★★★★は、平成17年排出ガス基準75%低減達成車をいいます。
 ※ 基準達成の状況は、車のリアウインドウ等に貼られているステッカー
   で新★★★★の認定状況が確認でき、自動車検査証(車検証)で燃費
   基準の達成状況等が確認できます。
 ※ 地方税法の改正により、平成26年度課税分までと軽減対象車及び軽減
   割合が異なりますのでご注意ください。

【重課】自動車税が増額になる自動車(環境負荷の大きい車)

 平成28年3月31日までの間に以下の対象車に該当することとなった場合、その翌年度から毎年度、税率が概ね15%(※1、2)重課となります。

【対象車】(※3)
 ○新車新規登録から11年を超えているディーゼル車
 ○新車新規登録から13年を超えているガソリン車(又はLPG車)
 
※1 平成26年度課税分までについては、重課割合が10%となっています。
※2 バス(一般乗合用除く)、トラック(被けん引車を除く)及び特種用途車
  のうちバス・トラックに類するものについては、10%重課となります。
※3 電気自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車、ガソリンハイブリッド
  自動車、一般乗合用バス及び被けん引車は除外されます。