理念

質の高い医療を提供し、患者の生命と健康を守ります

基本方針

  1. 私たちは、救急、周産期、がんをはじめとする高度医療を提供します
  2. 私たちは、患者の意思を尊重し、患者の視点に立った安全な医療を提供します
  3. 私たちは、地域の医療機関・福祉施設との連携を強化し、地域医療の水準の向上に寄与します
  4. 私たちは、研修研鑽に励み、患者・地域に信頼・期待される医療従事者を育成します
  5. 私たちは、地域医療を維持可能なものにするために、健全な経営基盤を確立します
  6. 私たちは、コミュニケーションを図り、患者の信頼を得ることに努めます
  7. 私たちは、職員が働きやすく、やりがいを持って、成長できる職場づくりに努め、質の高いチーム医療を実践します

患者権利章典

患者の皆様の権利

  1. 人間としての尊厳が尊重される権利
    患者の皆様は、一人の人間として人格、価値観などを尊重されます。
  2. 安全で良質な医療を公平に受ける権利
    患者の皆様は、どなたでも公平に、安全で良質な医療を受けることができます。
  3. 説明を受ける権利
    患者の皆様は、病気の内容、治療、検査などの効果・危険性について分かりやすい言葉や方法で、説明を受けることができます。
  4. 自分の意思に基づき医療を選択する権利
    患者の皆様は、病気の内容などを十分理解した上で、治療方法などを自らの意思で選択し、適切な医療を受けることができます。
  5. セカンドオピニオンを受ける権利
    患者の皆様は、医療機関を自由に選択することができます。
    また、治療のどの段階でも別の医師の意見を求めることができます。
  6. 情報開示を求める権利
    患者の皆様は、自分の診療に関する情報開示を求めることができます。
  7. 個人情報が保護される権利
    患者の皆様の診療の過程で得られた個人情報は、個人の秘密として厳守されます。

患者・ご家族の皆様へのお願い

  1. 健康情報の提供
    良質な医療を実現するため、ご自身の健康に関する情報をできるだけ正確に提供してください。
  2. 医療への参加
    ご自身が適切な医療を受けるため、病気の内容を理解するなど積極的に医療へ参加してください。
  3. ルールの遵守
    すべての方が適切な医療環境で治療に専念できるように、社会的ルールや病院の規則、職員の指示を守ってください。

    犯罪行為、迷惑行為(暴言・暴力行為・脅迫・窃盗・危険物の持ち込み、入院中の無断外泊・外出、他の患者さんや医療者への迷惑行為、ハラスメントなど)を禁止いたします。対面や電話においても暴言や長時間・繰り返しの場合の対応はいたしかねます。また、これらの行為により、他の患者さんにご迷惑がかかる場合や医療従事者の診療行為が妨げられる場合には、当院での診療をお断りすることがあります。

臨床倫理方針

  1. 患者の人権を守り、自己決定権を尊重します
  2. 患者と医療従事者が協力して、患者中心の公正かつ公平な医療を提供します
  3. 患者への正確な情報提供と十分な説明を行い、患者同意のもとに信頼される医療を提供します
  4. 患者の個人情報の保護と守秘義務を徹底します
  5. 関係法規、ガイドラインを遵守した医療を提供します
  6. 生命の尊厳、医療の妥当性に関する問題については、倫理委員会で審議し、治療方針を決定します

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000