医療費支払いのご相談

保険適用となる医療費には、下記のような自己負担軽減のための制度があります。
申請の手続きは各健康保険(国保・協会けんぽ・共済など)により異なります。
詳しくは、ご加入の健康保険の窓口にお問い合わせ下さい。

○高額療養費制度

70歳未満の方が病気やけがで医療機関にかかり、1か月(1日~末日)に支払った医療費が高額になった場合、ご加入の健康保険に申請すると一定の金額(自己負担限度額(※))を超えた分があとで払い戻される制度です。(文書代、入院食事療養費、差額ベッド代などは保険適用外ですので対象になりません。)
また、高額の医療費がかかることが予想される場合については、「限度額適用認定証」を医療機関の窓口に提示していただくと、医療費の支払いが自己負担限度額までとなり、上記払い戻しの申請が不要になります。限度額認定証は、ご加入の健康保険に申請することにより交付されます。

※自己負担限度額
自己負担限度額は、年齢や所得等により決まります。
また、当該限度額は、医療機関ごと、入院・外来ごとに計算されます。
詳しくは、ご加入の健康保険にご確認ください。

○入院食事療養費の軽減

所得税額や入院の期間により、入院食事療養費が軽減される場合があります。
手続きについてはご加入の健康保険にお尋ねください。

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000