『つなげる 強める 地域の輪と和』

 地域包括ケアシステムにおける急性期病院の役割として、地域の医療機関と連携をとりながら、院外からの紹介予約の受付・院外の医療機関への紹介を行います。
 また、地域の医療機関、福祉施設、保健施設、障害施設、ケアマネジャー等と、「顔の見える関係」で連携を行い、スムーズな継続した診療に繋がり、患者さんが安心して医療を受けられるようお手伝いさせて頂きます。
 MSW(医療ソーシャルワーカー)・看護師・事務職員が対応させて頂きます。

 地連

地域包括ケアシステム図
dayori.city.fukuoka.lg.jpより引用
 

<かかりつけ医」を持ちましょう>

 日常的な診療や健康管理等を行ってくれる身近な開業医を「かかりつけ医」と言います。「かかりつけ医」は、健康に関することを何でも相談でき、必要な時は専門の医療機関を紹介してくれる、身近にいて頼りになる医師です。
 必要なら医療面で早めの対策がとれ、専門家を的確に紹介できます。
 「かかりつけ医」がいない場合、自己判断で間違った対応策をとっているうちに重症化してしまう事がありますが、それも防ぐことができます。
  普段健康だから「かかりつけ医」なんて要らないとおっしゃる方も、急な病気はもちろん、健康のこと、医学や医療のこと、いろいろ些細なことも気軽に相談できるのが「かかりつけ医」です。
  普段から健康状態、持病など包み隠さず話し合える「かかりつけ医」を持つことで、安心して在宅生活を継続することができるのです。

かかりつけ医のメリット

  1. 待ち時間が比較的短く、受診の手続きも簡単で、じっくり診察してくれる。
  2. 入院や検査などが必要な場合、適切な病院・診療科を指示、紹介してもらえる。
  3. 家族の病状・病歴、健康状態を把握しているので、もしもの時に素早い対応をしてくれる。
  4. 食事面等、日常の健康管理のアドバイスをしてもらえる。 

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000