入院前支援とは入院前から「入院生活」「退院」「退院後の生活」を見据えて行う支援です。急性期病院として、入院生活だけではなく、入院前から退院後の生活までフォローすることで医療の質向上を目指します。
自宅等から入院される予約入院患者さんに対して、標準化した入院・手術の説明やそれらに関するマネジメントを、入院前支援担当の看護師が患者支援センターの相談室で多職種と連携して行います。
入院前支援は、患者・家族の皆様が入院・手術・検査等についてより理解でき、安全性の確保、安心な療養生活、日常生活への早期回復に繋げます。

入院前支援の大まかな流れ

  1. 入院前支援の該当患者さんは外来終了後患者支援センターにて主に入退院支援部門の看護師と医事担当者が対応します。
  2. 入院前に原則2回、支援のための面談を行います

    具体的には以下のことを行います 入退院前支援
    1)身体的・社会的・精神的背景を含めた患者情報の把握
    2)入院前に利用していた介護・福祉サービスの把握
    3)褥瘡に関する危険因子の評価
    4)栄養状態の評価
    5)服薬中の薬剤の確認
    6)入院中に行われる治療・検査の説明
    7)入院生活の説明
    8)退院困難な要因の有無の評価

     ※入院前支援は、現在診療科を限定して行っていますが、状況を見ながら拡大していく予定です。

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000