概要

 退院支援は、入院前・入院早期から、患者さんの退院後の生活(自宅又は施設)を考えながら、退院後も安心・安全な療養が継続できるように取り組むものです。
 入院治療が終了することと、入院前と同じように生活できることは、必ずしもイコールではありません。入院生活で身体の機能が低下したり、日常生活に医療処置や介護が必要な状態で、退院することも少なくありません。
 そのような場合でも、安心して退院ができるよう、患者さんとその家族とともに、医師や看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、管理栄養士、薬剤師、医療ソーシャルワーカー等が連携し、退院を目指します。
 なお、当院は急性期の治療を役割としており、継続した治療やリハビリテーションが必要な場合には、専門の医療機関等へ紹介することもありますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。


退院支援の大まかな流れ

  1. 入院後、退院を難しくする要因があるかどうかを確認します。
  2. 必要に応じて患者さんとそのご家族に、退院支援職員・看護師などがお話を伺います。
  3. 退院先の選択や調整、関係機関との連携など、退院に向けて支援します。

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000