当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
むきばんだの仲間たち フェイスブック

青谷上寺地遺跡HPリンク 
   (財)鳥取県教育文化財団調査室のホームページへジャンプします!

鳥取藩主池田家墓所HPリンク

県民カレッジHPリンク

旅行・観光情報サイト 旅行ラテ

トリップアドバイザー

マラニック2020アイコン

【休園日】

・4月27日(月)は休園日です。

・その次の休園日は5月25日です。

【体験活動等休止のお知らせ】

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、弥生体験、タッチングコーナー、レンタサイクル等を当面の間休止します。

最新情報

◆◆イベント情報◆◆ ◆◆お知らせ◆◆
作成日:2020年02月27日

第13回 再生神話の郷マラニック2020

むきばんだ史跡公園もコースに含まれているマラニックイベントです。6月7日(日)開催。
作成日:2018年11月18日

洞ノ原地区西側丘陵の復元建物の再整備工事が終了しました

作成日:2018年03月30日

とっとり県政だより4月号(2018)に掲載されました!

 
休日のおすすめ、日替わり弥生体験!

弥生の村イベントダイアリー

発掘調査情報

作成日:2019年09月18日
妻木新山地区での発掘調査、進行中です!

今年度の第35次発掘調査は、妻木新山(むきにいやま)地区2区南側に位置する斜面部で行っています。発掘調査トレンチ(試掘坑)を掘り下げていくと、斜面をL字状にカットしたものや、直径1メートル程度の穴など、複数の遺構が存在することを確認できました。出土した土器からすると、遺構の時期は弥生時代後期前葉(1世紀後半頃)ではないかと推測しています。これらの遺構の性格は何か、遺構の分布は斜面部でどのように広がるのか・・・など、引き続き調査を進めていきます。

トレンチ掘り下げ作業の様子

トレンチ掘り下げ作業の様子

斜面をカットして造成した遺構

斜面をL字状にカットした遺構
 
豆知識
クマノミズキ互生の葉

むきばんだの樹木たち
~祖先がえり!?~


ミズキ科のミズキは、樹液が多い木で、春先に枝を折ると水がしたたり落ちるほどで、水木と書きます。ミズキには、葉の付き方が互生(一枚ずつが互い違いに付く)であるミズキと対生(ひとつの節に一対付く)であるクマノミズキ(熊野水木)の2種類あります。

 むきばんだには、クマノミズキが生育しており、6月ごろに白い花を咲かせます。なお、ミズキは標高の高いところに多く見られます。ところが、むきばんだ史跡公園内で一本の木から、対生と互生の付き方の葉を持つミズキが発見されました。植物を見分ける方法として、対生・互生のような葉の付き方は重要なポイントであり、普通一本の木や草から両方の特徴を見ることはなく、このような事例は大変珍しいことです。

 このミズキは、全体を見ればクマノミズキですが、なぜ、このようなことになったでしょうか?植物では時に、物理的な刺激や環境による影響により、その植物のDNAに刻まれた形質が現れることがあります。私は以前、鳥海山でムカシブナに似た葉を持つブナを見たことがあります。むきばんだのクマノミズキは、枝を切られた所から新しく出た枝の葉が互生になっていることから、伐採刺激により他の形質が出たのだと考えられます。いずれにしても大変珍しい例です。「先祖がえりのミズキ」と名付けましょうか。(鳥取県自然観察指導員 鷲見 寛幸)