鳥取県中部圏域の中核病院として、県が運営している病院です。
検索
看護局日記タイトル画像
<2022年8月>
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031123
45678910

看護局日記

紹介動画

看護局の紹介をしています。以下の動画をご覧ください。

  
RSS 1.0

2019年7月4日

オープンホスピタル2019を開催しました

「地域の中核病院であるために」をテーマに第3回オープンホスピタルを開催いたしました。 午前は看護学生、午後は地元高校生を対象にそれぞれの医療職が業務を紹介したり、DMATチームの活動の説明を受けたり体験をしたりしました。あいにくの雨天でしたが、雨のやみ間をぬってヘリポート見学もできました。各ブースを担当した職員も参加者も楽しそうな様子で、見学終了後には、就職に関する相談を受けたり、医療職それぞれの進路に関する相談を受けるなど学生の皆さんの関心の高さがうかがえました。


in 院内行事

2019年5月15日

看護の日のイベントを行いました(5月14日)

 毎年、5月12日週の看護週間に合わせて「看護の日フェア」のイベントを開催しています。

今年のテーマは、~よりそう看護をめざして~。
例年好評の「ハンドマッサージ」をはじめ、正しく血圧の自己管理ができるよう「血圧を正しく測ろう」や「看護師業務のパネル展示」を行いました。

また入院患者さんには、メッセージを添えてカードを贈りました。少しでも患者さんやご家族へ寄り添える時間となっていたら嬉しく思います。


in 院内行事

2018年11月19日

第1回家族の参観日(10月28日)

 今年初めて企画した「家族の参観日」には、子供さんのほかにご両親、ご姉妹が職員同伴で約50名参加され、楽しい時間を過ごしました。この参観日は、家族の職場や働いている様子を観ていただき、病院での仕事を理解し、働く家族を応援してもらいたいという願いを込めて実施しています。
 事前に働く姿を撮影した映像を観ていただいた他、様々な職種が体験できるお楽しみコーナーやヘリポート見学、記念撮影コーナーで顔出し写真を撮るなど家族と職員が賑やかに過ごしました。
 家族(職員)にあてたメッセージでは、「お父さん・お母さんの働いているところが見れてかっこよかった」、「これからもお仕事頑張って」、「自慢のお母さん!」と、家族への尊敬と感謝、応援の声がたくさん届きました。そして、職員の感想としては、「子どもからの手紙は、何度読んでも涙が…。すごく嬉しかったです。また仕事に誇りを持って頑張ろう!!と思いました。」と、家族からの応援をもらい、私たち職員もますます元気に働くことができそうです。

in 院内行事

2018年10月18日

シミュレーション研修:2年目看護師(ラダーレベル2)対象 10月10日

 この研修は、実際の臨床現場を模擬的に再現して、その学習環境下で学習者が実際に経験し、それを仲間とともに振り返り、実践力を向上させることを目的にしています。
 当日は、吐血によりショック症状を呈している患者の急変対応を学びました。目標としていた、患者状況のアセスメント、ショック時の初期対応、医師への報告について振り返ることで、臨床場面で実践できる多くの学びがありました。

in 研修・教育

2018年10月18日

新人看護師対象コミュニケーション研修(9月30日)

 当日は大雨台風の日ではありましたが、鳥取短期大学内の体育館で体験型レクリエーション活動を通じて多くのことを学びました。声を掛け合って協力し、真剣に取り組む姿や挑戦する姿などみんなとても輝いていました。
 新人看護師たちからは、「リフレッシュするとともに同期の絆も深まった」「楽しく学べた」「自分の苦手な部分とこれからの目標が明確になった」などの感想がありました。


in 研修・教育


Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000