活動日誌

 県立公文書館が行っている日々の活動の様子を、ブログ形式でご紹介します。

  
県史編さん室」で絞込み

2020年10月26日

新鳥取県史連続講座「倉吉の民具から暮らしと技術を知る」を開催しました。

 10月25日(日)、倉吉交流プラザで、新鳥取県史連続講座「倉吉の民具から暮らしと技術を知る」を開催しました。
 本講座は『新鳥取県史』の内容を専門家がわかりやすく解説するもので、本年度は民俗分野をテーマに、倉吉市立図書館・倉吉博物館と連携して、計3回の講座を予定しています。
 初回は鳥取県文化財保護審議会委員の山本志乃先生に「倉吉を歩いた行商―泊の「カンカン部隊」が残したモノ―」と題して、鉄道を利用し、倉吉で魚を売り歩いた人々の実態や当時の社会の中で果たした役割等についてお話いただきました。
 次回は12月20日(日)に「倉吉絣・弓浜絣の関係資料」をテーマとする講座を実施する予定です。

民族講座写真
第1回講座の様子

公文書館 2020/10/26 in 県史編さん室,講座などのイベント

2020年3月4日

令和元年度第2回考古部会を開催しました

 1月14日(火)に、令和元年度第2回考古部会を開催しました。

 今回の新鳥取県史編さん事業で最後となる考古部会では、現在作成中の『考古2 古墳時代』の内容について検討するとともに、来年度以降の取り組みについて議論しました。

 また、委員の皆様から、平成21年度に原始古代部会から改組して始まった考古部会の総括として、貴重な御意見や御感想などをいただきました。

 本務でお忙しい中、長年にわたり携わっていただいた委員の皆様に、改めてお礼申し上げます。

考古部会写真

公文書館 2020/03/04 in 会議など,県史編さん室

2020年2月14日

令和元年度第2回現代部会を開催しました。

 令和2年2月11日、公文書館会議室にて令和元年度第2回現代部会を開催しました。

 事務局から、本年度刊行予定の『新鳥取県史資料編 現代2』の編さん状況の報告があったあと、次年度事業について協議しました。特に、県史を活用した学校教育への支援策と、オーラルヒストリーの実施方法、県史ブックレット「鳥取県の鉄道」(仮)について幅広く意見交換しました。

 最後に、本年度で県史編さん事業が終了するにあたり、各委員が現代部会の成果と課題を述べました。小山富見男部会長からは、県史事業は刊行完了をもって一区切りするが永続的なものであってほしい、手記募集・聞き取り・GHQ占領期の鳥取を学ぶ会などの活動を通じて県民参加型で歴史を掘り起こす事業ができたことが成果との発言がありました。

現代部会写真
現代部会写真

公文書館 2020/02/14 in 会議など,県史編さん室

2019年8月30日

令和元年度第1回新鳥取県史編さん委員会を開催

 8月23日(金)に令和元年度第1回新鳥取県史編さん委員会を開催しました。

 会議には7名の委員が参加し、事業の実施状況や刊行物の販売状況について報告した後、今後の取り組みと来年度事業について協議しました。

写真1

公文書館 2019/08/30 in 会議など,県史編さん室

2019年8月21日

令和元年度第1回現代部会を開催しました。

 令和元年8月9日当館会議室で、令和元年度第1回現代部会を開催しました。

 事務局から、本年度刊行予定の現代2編さん状況の報告があり、今後のスケジュールと県史収集資料の活用方策について協議をしました。 特に、災害アーカイブズの対象分野と県史ブックレットのテーマについて幅広く意見交換しました。

 また、「オリンピック東京大会鳥取県聖火リレー」(当館所蔵、1964年)を閲覧しました。

写真1
会議の様子
写真2
「オリンピック東京大会鳥取県聖火リレー」表紙
写真3
鳥取県聖火リレー・コース・日程・人員・距離

公文書館 2019/08/21 in 会議など,県史編さん室

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000