鳥取県は、豊かな自然を背景に果物、魚、カニなど、海の幸や山の幸が豊富にあります。
また、海岸部では特色ある砂地農業が営まれ、全国に知られる特産品である砂丘らっきょうを生産しています。
伝統技術では、千年を超える歴史を持つ因州和紙などがあります。
鳥取県が大切に育ててきた各地の「味」や「技」を紹介します。
  
松葉ガニ

松葉がに

冬の味覚の王様と言われる松葉がに。鳥取県西部に位置する境漁港は、松葉がにを含むカニ類の水揚げ量が日本一の港です。
二十世紀梨画像

二十世紀梨

二十世紀梨は鳥取県を代表する果物であるとともに、東南アジアやアメリカ、カナダなど海外にも輸出され、高級感あふれる果物として親しまれています。4月中旬には、鳥取県内の野山を純白の梨の花が彩ります。
地酒 砂丘らっきょう とうふちくわ

地酒

県内各地で名水を生かした酒造りが盛んに行われています。鳥取原産の酒米「強力(ごうりき)」で醸造した酒に注目があつまっています。

砂丘らっきょう

らっきょうは8月に植えつけて、翌6月に収穫します。毎年10月末ごろには、薄紫のらっきょうの可憐な花が一斉に咲き誇ります。

とうふちくわ

とうふちくわは、全国でも鳥取県東部のみに見られる独特の加工食品で、魚のすり身に豆腐を混ぜて、ちくわのように蒸したり、焼いたりしたものです。
鳥取和牛 因州和紙

鳥取和牛

黒毛和牛の産地として知られる鳥取県。「鳥取和牛」は霜降り、肉質、色、脂肪の甘みなど、いずれも品評会で好評を得ています。

因州和紙

因州和紙は、鳥取市佐治町及び同青谷町を中心に生産されます。その歴史は古く、奈良時代の正倉院文書の中に因州和紙と推測される紙が保存されています。

弓浜絣と倉吉絣

250年以上前に鳥取県に伝えられた絣織りは、現在でも鳥取県西部の弓ヶ浜、倉吉市などでその技術が伝えられています。