産業-豊かさの輪を広げるコリドール-

県内外の企業や大学などで注目を集めている「コリドール構想」。
コリドールとは「回廊」のこと。県全体を空から眺めると、食品や液晶関係の企業が集積し、それぞれ回廊を形成しているのが良くわかります。
「コリドール構想」とは、これらの回廊に集積する企業の結びつきを強化し、高付加価値をもった鳥取ブランドを育成しようとする構想です。

  

クリスタル・コリドール

鳥取県にはエプソンイメージングデバイス、シャープ米子など液晶産業に関連する企業が数多く集積し、基盤産業となっています。その高い集積度を活かして鳥取県を液晶王国にする、それが「クリスタル・コリドール構想」です。

産学金官連携

産学金官連携とは、企業、高等教育機関、金融機関、行政が連携をとり合うことです。鳥取県の産業を活性化するために、産学金官の領域を越えた情報交換は不可欠です。鳥取県では「産学金官連携企画推進会議」を開催して、交流を進めています。