鳥取県では音楽祭や市民ミュージカルなどさまざまな分野で活発な文化芸術活動が行われています。

  

トライアスロン-バイク

鳥取県総合芸術文化祭

鳥取県は、2002(平成14)年秋に国民文化祭を開催し、多くの県民が文化芸術にふれる喜びと、文化芸術活動を実践する楽しさを分かち合いました。その翌年から、県民自らの手による鳥取県総合芸術文化祭が始まり、鳥取県独自の地域文化を継承するとともに、新しい文化芸術を創造・発信し続けています。
鳥取県文化団体連合会画像

鳥取県文化団体連合会

鳥取県文化団体連合会に加盟する団体は、公演や展示を行うなど、それぞれの分野で地域の文化芸術活動の実践を通して、鳥取県の文化芸術レベルの向上、鑑賞者の拡大を図るという大変重要な役割を担っています。
アザレアのまちの音楽祭画像

アザレアのまちの音楽祭

初夏の爽やかな風が吹く5月になると、倉吉市は音楽のまちになります。約1カ月半に渡り、30近くの演奏会や発表会が市民によって開かれる「アザレアのまちの音楽祭」は「日本一長い音楽祭」と言われています。
市民ミュージカル画像

市民ミュージカル

鳥取市鹿野町や米子市淀江町など県内各地で、市民の手で台本から演出までを創り上げるミュージカル作品が上演されています。

鳥取県ミュージアム・ネットワーク

鳥取県ミュージアム・ネットワークは、鳥取県内の博物館、美術館、資料館等、約50の施設による連携組織です。各館の収蔵する歴史的、文化的に貴重な資料の調査研究や、保存・展示を通じて将来へ伝え残す活動を向上するための、情報交換などを行っています。
また、研修会を実施、共通のパンフレット等を発行するなどして、県民や来県者の方々にとって魅力ある館づくりを進めています。 
鳥取県ミュージアム・ネットワークについて(外部リンク)