当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

 栄養管理室では、患者さんの病状の早期回復、早期退院の手助けになるような食事の提供と、患者さんの栄養管理、食生活を支援するための栄養指導等を実施しています。

 入院中の食事は、患者さんの楽しみでもあり、安心しながら、安全な食事が食べられるよう管理栄養士及び調理師が一丸となって、献立の工夫をしながら、患者さんの疾患や食形態に合った食事を提供しています。

 また、県内産の新鮮な食材を使用したり、季節の行事食を取り入れるなどの工夫も行っています。

おせち料理写真
おせち料理
ひな祭り料理写真
ひな祭り
たなばた料理写真
たなばた
クリスマス料理写真
クリスマス

 入院中の治療食を食べておられる患者さんには、退院後安心して療養しながら疾病のコントロール及び体調の管理ができるよう、ご家族も含め一緒に栄養指導を行っています。

 さらに管理栄養士は、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、言語聴覚士、歯科衛生士等の他の職種と共に、入院患者さんの栄養状態の評価を行い、栄養状態の改善が必要な方に対して適切な栄養療法を提供していく栄養サポートチーム(NST)を始め、褥瘡対策委員会、医療安全対策委員会、糖尿病サポートチーム、感染対策チーム等に参画し入院患者さんの栄養改善、医療の質の向上に関わっています。