当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

令和記念 万葉の郷とっとりけん全国高校生短歌大会

令和記念 万葉の郷とっとりけん全国高校生短歌大会出場チームを募集します

 鳥取県は、「令和」の出典となった梅花の宴の場にいた山上憶良、万葉集結びの歌を詠んだ大伴家持の二人の万葉歌人が国司として赴任した地です。
    令和元年である今年、その二人を顕彰するフォーラムを開催し、あわせて若い世代の短歌文化の振興に寄与するとともに鳥取県に関心をもっていただくよう、全国の高校生を対象とした短歌大会を開催することとしました。
 9月5日(木)まで募集します。ご応募お待ちしています。

       令和記念 万葉の郷とっとりけん全国高校生短歌大会実施要領(PDF,158KB)

   万葉の郷とっとりけん全国高校生短歌大会チラシ(PDF,447KB)

       申込フォーム

チラシ

1.大会概要

(1)大会名 万葉の郷とっとりけん全国高校生短歌大会
   ※「令和によみがえる万葉フォーラムinとっとり」において大会を開催
(2)日時 10月12日(土) 午後2時~3時
(3)会場 鳥取県立生涯学習センター(県民ふれあい会館)ホール

      (鳥取県鳥取市扇町21番地)
(4)出場チーム 予選審査を通過した4チーム

2.主催、後援(予定)

   主催 鳥取県

  後援(予定) 鳥取県教育委員会、鳥取県高等学校文化連盟、鳥取県歌人会

3.題

  先鋒「鳥」、中堅「星」、大将「重」

※辞書に掲載されている読み方及び熟語の一部として使用することができる。
※一人1首とし、1チーム計3首とする。ただし本人が創作した未発表の作品に限る。
 なお、この作品をもって予選審査を行い、10月12日(土)の大会(準決勝)を実施する。決勝戦の題及び作品(一人1首)の提出については、予選通過した4チームに別途通知する。
※審査はそれぞれの作品について行うこととし、チーム内の作品の関連性や作品の読み上げ方法は問わない。

4.募集期間

 9月5日(木)まで
 (郵送:当日消印有効 電子メール・申込フォーム:9月6日(金)午前0時まで)

5.参加資格

(1) 令和元年度に高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。)、特別支援学校高等部、高等専門学校及び専修学校(修業年限が高等学校と一致している生徒に限る。)に在籍していること。
(2) 予選を通過した際に大会に参加できること。
(3) 宿泊を伴って大会へ参加する場合、保護者承認の上、教員又は保護者など大人が同行できること。

6.チーム編成

 同一校又は複数校で編成するチームの生徒からなるものとし、3名1チームとする。なお、同一校からの複数チームの参加申込みについても可能とする。

7.応募方法

  郵送又は電子メールによる提出様式の送付又は 申込フォームによる応募とする。
 電子メールの場合、メールの件名は「万葉の郷とっとりけん全国高校生短歌大会(チーム名)」とすること。
【提出様式】

 様式第1号 万葉の郷とっとりけん全国高校生短歌大会参加申込書(PDF,53KB)
 様式第1号 万葉の郷とっとりけん全国高校生短歌大会参加申込書(Word,42KB)
 様式第2号 万葉の郷とっとりけん全国高校生短歌大会作品応募用紙(PDF,44KB)
 様式第2号 万葉の郷とっとりけん全国高校生短歌大会作品応募用紙 (Excel,36KB)

8.参加料

 無料

9.経費負担

 大会出場チーム(生徒(3名)、同行者(1名まで))が当該大会へ参加するにあたり主催者が負担する交通費・宿泊費については、上限を150,000円/チームとし、職員の旅費等に関する条例(昭和45年鳥取県条例第48号)の規定に準ずるものとする。

最後に本ページの担当課
   鳥取県 地域づくり推進部 文化政策課
   住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話  0857-26-71250857-26-7125    
   ファクシミリ   0857-26-8108
    E-mail  bunsei@pref.tottori.lg.jp