当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

当院で後期研修。内科認定医、神経内科専門医、学位を取得。

早田先生の体験談:

卒後3年目より一年間勤務しました。鳥取市の中核病院であるため、急性期疾患は当然のことながら、あまり市中病院では 経験しない症例や、変性疾患の診察・加療をする機会も多くありました。手技の習得機会もあり、一年間という短い勤務期間の中でも、針筋電図、神経筋生検と その処理や所見読み、脳血管撮影や、当時はアルテプラーゼ静脈注射ができませんでしたので、ウロキナーゼ動脈注射による血栓溶解療法なども経験できまし た。
当初は目の前の事をこなしていくことに必死でしたのであまり感じませんでしたが、認定医や専門医試験に必要な症例レポート作成時に過去の研修を振り 返ってみると、鳥取県中で経験した症例には偏りがなく、幅広く網羅した疾患を診療させてもらっていたことに改めて気づいたように思います。
また、救急疾患 が多い市中病院に勤務すると、忙しさにかまけて教科書や論文を読む事を怠る傾向にありますが、定期的な抄読会や論文の日がもうけられていたこともあり、 じっくりと誰にも邪魔されずに勉強したい、という欲求をも満たすことができました。診療外活動も然りです。精力的に活動しており、科内はもちろん、他科や 他病院との交流もあり、楽しい時間を過ごすことができた一年でした。