当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

がんの地域連携パスとは?

「がん地域連携パス」とは、地域のかかりつけ医と鳥取県立中央病院の医師が、がん患者さんの治療を協力して行うために治療経過を共有する「治療計画表」のことです。がん患者さんが、鳥取県立中央病院で手術など専門的な治療をおこなった後に、治療の計画に基づき、日々の診察(一部の検査含む)と薬の処方は地域のかかりつけ医で、節目の診察・検査を鳥取県立中央病院で行うという流れになります。
患者さんの情報は、関係する医療機関で共有しますので、同じ治療方針のもとで、患者さんは必要な治療を適切な医療機関においてスムーズに受けることができます。
がん対策基本法に基づく「がん対策推進計画」、厚生労働省の定めた「がん診療連携拠点病院の整備に関する指針(平成20年3月1日厚生労働省健康局長通知)」において、地域がん診療連携拠点病院の指定要件として、我が国に多いがん(肝がん・乳がん・胃がん・大腸がん・肺がん)について、地域連携パスを整備することが求められています。


がん地域連携パスのメリット

地域連携パスを活用することにより、地域のかかりつけ医と鳥取県立中央病院の医師が協力して、患者さんの立場に立った安心かつ質の高い医療を提供する体制を構築することを目指しています。

患者さんにとって、以下のようなメリットがあります。

  • ご自宅近くの医療機関を受診していただくことで、通院時間の短縮や通院費用の軽減、診察の待ち時間の短縮ができます。
  • 複数の主治医のもとで診察を受けていただくことで、がん以外の病気や、すでにかかっている病気に対しても、身近に相談することができます。
  • 治療計画や経過の把握がしやすくなります。
  • 重複した検査・投薬を避けることができます。

 

がん地域連携パスを利用するには

がん地域連携パスは、患者さんの症状などからパスを活用する方がよいと考えた場合におすすめしています。(途中で変更・中断することもできますし、パスを利用しないこともできます。)


現在運用しているパス

現在、鳥取県立中央病院では、以下の5つのがん種について、がん地域連携パスを運用しています。

  • 乳がん地域連携パス
  • 肺がん地域連携パス
  • 肝がん地域連携パス
  • 胃がん地域連携パス
  • 大腸がん地域連携パス

 

また、よりがん診療連携パスについてお知りになられたい方は、東部医師会のページをご参照下さい。
『東部医師会』

がん以外の地域連携パスについて

その他にも、鳥取県東部地域では、東部医師会を中心として、がん以外の地域連携パスを運用しています。詳細は、東部医師会のホームページでご確認ください。
『鳥取県東部糖尿病地域連携パスについて』

『鳥取県東部地区心筋梗塞地域連携パスについて』