当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
  現在の位置:トップ新病院の紹介
初診患者さんへ 初めて当院を受診される方は、こちらをお読みください。
再診受付時間 午前8時00分~午前11時00分
※診療科により受付時間は異なります。
外来休診日 土日、祝祭日、年末年始
※救急患者は、24時間365日受け付けます。
面会時間 午後1時00分~午後8時00分

新病院写真

院長あいさつ

鳥取県立中央病院は昭和50年5月に現在地に移転して以降、関係者のご理解やご支援を賜りながら徐々にスタッフや診療科を増やし、昭和50年代には県内で最初の臨床研修指定病院や救命救急センターの指定を受けております。その後も、災害拠点病院や地域がん診療連携拠点病院の指定、地域周産期母子医療センターの認定を受けるなど、圏域、地域における役割を拡大させてきました。
新病院ではこれらの機能や役割をより一層充実させるため、屋上ヘリポートの設置、救命救急センター、MFICU、NICU・GCUなどの拡充と増床、ハイブリッド手術室など手術部門の強化と拡充、PET-CTやIMRTなどの最新鋭の機器の導入など、最善の施設・設備整備を行いました。 
今後もより一層のご支援、ご指導を賜りますようよろしくお願いいたします。


主な機能

■救急医療
 救命救急センター(救急外来・救命病棟)、屋上ヘリポート、救急専用エレベーター
■高度医療
 脳卒中センター、心臓病センター、手術室(ハイブリッド、内視鏡対応)、ICU・HCU
■がん医療
 PET-CT、IMRT、緩和ケア病棟
■周産期母子医療
 MFICU、NICU、GCU
■災害医療
 トリアージ、災害時救急車出入口 

■救急医療

○救命救急センター(救急外来・救命病棟)

写真1写真2
救急外来:診察室、初療室、処置室を大幅に増設し、多くの救急患者の受入れができるよう整備しました。

写真3写真4
救命病棟:広さを大幅に拡充するとともに、スタッフステーションを中央に設置し、患者の状態を観察しやすい配置としました。

 ○屋上ヘリポート

写真5写真6
ヘリポート:救命救急センターと救急専用エレベーターで直結し、迅速な患者受入れを可能としました。

■高度医療

○脳卒中センター・心臓病センター

写真7
脳卒中センターは重症患者のケアを行う8床室で高度な治療、手厚い看護を行う
写真8
心臓病センターの重症個室2床はスタッフステーションの直近に配置

○手術室

写真9
カテーテルを使う内科的治療と外科的手術を続けて安全に行える県内2施設目となるハイブリッド手術
写真10
内視鏡対応手術室には最新の4Kモニタを導入。高画質の映像が安全な手術を支える

○ICU/HCU

写真11
ICU:
手術室に隣接し、術後患者の迅速な受入れが可能で陰陽圧対応の個室も完備
写真12
HCU:
ICUに隣接し、患者間仕切り壁を設置し、患者プライバシーにも配慮した設備

■がん医療

○PET-CT

写真PET
高性能な診断装置であるためがんの早期発見や転移の有無を調べることが可能で、がん医療の向上が期待できます
写真PET2
PET画像とCT画像を合成て診断画像を作成し、がんの有無を調べる上の写真は当院の機器で試験撮影したもの

○IMRT

写真IMRT
IMRTは放射線の強度を変えて0.1ミリ単位の正確さで治療ができる最新鋭の治療装置
写真IMRT2
CTにより治療計画を作成し、正確な放射線治療を行うための描画

○緩和ケア病棟

写真緩和
落ち着いた雰囲気で家族や大切な方との時間を
お過ごしいただけるラウンジ
写真緩和2
病室は全て個室を整備しており、畳敷きの病室は安らいでいただけます

■周産期母子医療

○MFICU

写真MFICU
写真MFICU2

ハイリスク妊婦を収容できる母体胎児集中治療室(MFICU)を2床から3床に増床

○NICU

写真NICU
新生児を集中治療するため最新の設備を整えたNICU
写真NICU2
新生児集中治療装置

○GCU

GCU
回復治療室内
GCU2
家族控室

県内で新生児集中治療室(NICU)、回復治療室(GCU)を有する病院は鳥大病院と当院の
2施設のみ。新病院ではNICU12床、GCU12床の合計24床と従来の2倍にしました。

■災害医療

○トリアージ

トリアージトリアージ2トリアージ3
災害時の被災者受け入れ・トリアージを想定し、壁面に配管を整備した多目的ホールや外来待合い

○緊急通路(災害時救急車出入口)

緊急緊急2


■診療部門

○外来診療

外来外来2

3階外来のメイン通路(行き先は番号でご案内) 患者支援センターの受付けと相談室

○入院診療

入院入院2

作り付けのロッカーで個室感を演出した4床室と落ち着きと明るさのある病棟談話室

新病院の概要

名称  鳥取県立中央病院 
所在地  鳥取市江津730番地 
敷地面積  63,710平方メートル 
延床面積  53,090平方メートル 
階数  地上11階 
構造  鉄骨鉄筋コンクリート、鉄骨造及び鉄筋コンクリート造(免震構造) 
病床数  518床
(一般504床、結核10床、感染4床)
(一般病床のうち、緩和ケア20床、EC20床、ICU6床、HCU16床、
NICU12床、GCU12床、MFICU3床) 
駐車台数  500台

新病院の階構成

写真病院