危険ドラッグについて

 最近、店舗やインターネット上で、「合法ハーブ」、「お香」、「アロマ」、「リキッド」等と称する商品が販売されており、こうした商品を使用した人が、意識障害、おうと、けいれん、呼吸困難等を起こして、死亡したり、重体に陥る事件が多発しています。
 これら商品は、覚醒剤、麻薬、大麻など規制薬物の化学構造に似せて作られており、規制薬物と同じ作用を有する成分を含む商品が多く、大変危険です。
 また、合法と称して販売する商品の中に麻薬や薬事法指定薬物等の違法な薬物が含まれていた例もありますので絶対に手を出してはいけません。
 
絶対に手を出さないで!(PDF)
  

麻薬や指定薬物が検出された商品例

 植物片状のもの  液体状のもの 粉末状のもの
  

指定薬物の取締り強化

 薬事法が一部改正となり、新たに指定薬物の「所持」、「使用」、「購入」、「譲受け」が禁止されました。
 平成26年4月1日に施行され、違反した場合には罰則が科されます。

NO!「脱法ドラッグ」(PDF)
  

薬物110番

 警察では、取締りを強化しています。
 危険ドラッグに関する情報がありましたら最寄りの警察署又は薬物110番にお知らせください。

     薬物110番(TEL 0857-26-3774)
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000