とっとり 森と緑の産業ビジョン

とっとり 森と緑の産業ビジョン ~とっとりグリーンウェイブの進展と林業・木材産業の成長産業化に向けて~

本県の将来像を見据え、とっとりグリーンウェイブの進展や林業・木材産業の成長産業化、持続可能な森林経営の実現に向けた更なる施策展開を図っていくため、新たなビジョンを作成しました

1 はじめに

(1)策定の趣旨
 平成25年5月26日に開催された第64回全国植樹祭を機に、緑化を通じ環境保全のために自ら行動する「とっとりグリーンウェイブ」※や県民の森林に対する意識・認識が広まりつつあります。
 このような中、とっとりグリーンウェイブの更なる展開と林業・木材産業の成長産業化に向けた基盤強化、県産材の利用拡大、森林の公益的機能と林業経営が両立する森林経営を確立するための施策を講じていくため、これまで本県の森林・林業・木材産業施策の基本としていた「鳥取県 森林・林業・木材産業再生プラン」(平成22年11月作成)を一新し、新たなビジョンを作成しました。
(2)ビジョンの目標年
 概ね平成32年度を施策目標の達成年次として設定しています。

2 森林・林業・木材産業をめぐる新たな動き

 (1)とっとりグリーンウェイブの展開
  ・平成25年5月の全国植樹祭の開催等
 (2)森林をめぐる新たな風
  ◇ 森で働く若者が増えています
  ◇ 森と医療との連携(森林セラピー)
  ◇ 森と子育ての出会い(森のようちえん)
  ◇ きのこと医薬との連携(生薬きのこ等)
  ◇ 県産材の新たな活用(CLT、内装材、木質バイオマス発電)
  ◇ 県内で始まる「里山資本主義」(木の宿場プロジェクト等)
  ◇ 山が動き始めています(木材生産量の増加等)

3 鳥取県が目指す「森と緑の産業」の実現に向けて

(1)森が活きる ~森を守り育てていく~

○ 持続可能な森林経営の確立(目標:素材生産量38万m3/年等)
○ 里山とともに生きる営みを推進(目標:放置竹林等の整備面積100ha/年)
○ 森の活用、カーボンオフセットの森づくりの推進(目標:県有林J-VER販売企業数34社)
○ とっとりグリーンウェイブの発信・展開(とうほくとっとり・森の里親プロジェクト)

(2)木が活きる ~木を使って地域が循環する~

○ 県産材の利用拡大(目標:乾燥材生産比率(製材品)70%等)
○ 木質バイオマス利用の推進(目標:素材生産量(再掲)38万m3/年)
○ 林産物の高度利用(目標:薬用きのこの実用化3種類等)
                                                          

(3)人が活きる ~森林を舞台に人が育つ~

○ 森林を支える人づくり(目標:新規就業者数50人/年等)
○ 社会貢献活動を通じた人づくり(目標:とっとり共生の森参画企業数24社)

とっとり森と緑の産業ビジョンのダウンロード

○全文(ファイルサイズが大きいため、3分割しています)

 その1(3.7M)
 その2(2.8M)
 その3(2.2M)
 その4(2.1M)

○概要

※鳥取県森林・林業・木材産業再生プランについてはこちらをご覧下さい。
 →プラン

問い合わせ先

林政企画課 電話 0857-26-7299  ファクシミリ 0857-26-8192
  

最後に本ページの担当課    鳥取県農林水産部 森林・林業振興局林政企画課
    住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-72960857-26-7296
         ファクシミリ  0857-26-8192
    E-mail  rinsei-kikaku@pref.tottori.lg.jp