森林環境保全税

森林環境保全税について

 鳥取県では平成17年度からすべての県民が享受している森林の公益的機能を持続的に発揮させるため、森林環境を保全し、森林を守り育てる意識を醸成する費用や保安林や竹林の整備等に充てるため、「森林環境保全税」をご負担いただいています。 

  

1 税額

「森林環境保全税」は、県民税に次の額を上乗せするものです

個人

 年間500円(県民税均等割の納税義務がある方)
 ※前年の所得が一定額以下の方(生活保護受給者など)は、課税されません。

法人

資本金に応じ、年間1,000円~40,000円
 ※均等割額の5%相当額

 

2 適用期間

 平成20年4月1日~平成30年3月31日(10年間)

3 税の使いみち

とっとり環境の森緊急整備事業(ハード事業)

 手入れの遅れたスギ、ヒノキの人工林を、広葉樹との混交林に誘導し早期に公益的機能を回復させることを目的に、下層植生の自然発生を促すため、通常の林業経営で行うよりも伐採率の高い間伐(間伐率30~50%)や早期植生導入のための簡易工作物の整備等を、県が森林所有者に代わって行います。

採択要件

  • 1団地当り概ね3ha以上(簡易工作物の整備等は、1箇所当たり0.1ha以上)◇原則として16~60年生のスギ・ヒノキ
  • 事業完了後20年間は皆伐、転用等を行わない旨、協定を締結   

とっとり県民参加の森づくり推進事業(ソフト事業、平成25年度拡充)

 県民の方々に森林づくりへの参加等を促す森林体験企画や、地域の子供達が主体となる森林環境教育活動、貴重な森林を継続して保全・整備する活動等を支援します。

採択要件

  • 県内で実施すること◇多くの県民に参加を募ること
  • 事業費は1企画20万円以上(小中学校等は5万円以上)
  • 限度額は80万円

   ・採択要件等の詳細

         ・平成29年度選定企画

森林の保全・整備(平成20年度に追加、平成24年度拡充)

 県民生活を守るために特に重要な役割を果たしている森林の間伐や、間伐を行うための作業道の整備を支援します。

森林の間伐

 既存の造林事業を活用し、保安林の場合は森林所有者の負担を2割に、普通林の場合は森林所有者の負担を2.5割に軽減することで、間伐への意欲を喚起し、より一層の間伐を推進します。
採択要件
  • 施行地の面積が0.1ha以上
  • 林齢は16年生~60年生(ただし、実施箇所によっては35年生までとなる場合があります。)

保安林間伐を行うための作業道整備

 既存の森づくり作業道整備事業等を活用し、森林所有者の負担を2割に軽減することで、効率的な間伐を推進します。
採択要件
  • 森づくり作業道整備事業の場合保安林内の間伐が0.5ha以上計画されていること(森林所有者が実施主体の場合には、0.1ha以上)
  • 造林事業の場合保安林内の間伐が造林事業で採択されていること

竹林の整備(平成20年度に追加、平成21年度、24年度拡充)

 近年、放置された荒廃竹林が増大し、保水能力や土砂崩壊防止機能の低下、周辺森林の駆逐など、生活面や環境面に悪影響を及ぼしていることから、竹林の整備を支援します。 竹林整備放置竹林等の整備を進めるため、森林所有者の負担を2割に軽減します。

森林景観対策事業(平成21年度に追加)

 枯れ松等により景観が著しく低下している森林において、枯死木の伐採等により、森林の機能維持・景観向上を図ります。

  • 対象区域
    自然公園法により指定された国立公園、国定公園及び県立自然公園並びに文化保護法の規定により指定された史跡名勝天然記念物周辺の森林。
  • 事業実施主体  市町村
  • 補助率  3/4

モザイク林の造成(平成22年度に追加)

 伐期を迎えた人工林が増加しており、今後、森林の公益的機能の低下を抑えつつ、多様な林齢や林相の森林をモザイク状に配置することを支援します。

 既存の造林事業を活用し、森林所有者の負担を5割に軽減することで、モザイク林造成を推進します。
採択要件
 ・モザイク林誘導伐実施箇所への新植・下刈り(5年間)

4 税の使いみちを明らかにするしくみ

鳥取県森林環境保全税関連事業評価委員会

 森林環境保全税の使いみちの透明性をはかるため、県民の方々による「鳥取県森林環境保全税関連事業評価委員会」を組織し、事業の審査・選定・検証・見直し等を行っております。

鳥取県森林環境保全基金

 森林環境保全税の税収は、一般財源から基金に積み立て、使いみちが明らかとなるようにしています。

 

アドビリーダのダウンロード

 

5 事業の申込みについて

 とっとり環境の森緊急整備事業(ハード事業)及びとっとり県民参加の森づくり推進事業(ソフト事業)に取り組むには、「評価委員会」でのプレゼンテーション、審査が必要となります。
 森林環境保全税を活用した森林づくり活動をご希望の場合は、最寄りの県総合事務所までお問い合わせください。

  • 募集期間、受付窓口、提出書類などの詳細
  • 6 要綱、要領、パンフレットなど

     

    要綱・要領

    とっとり環境の森緊急整備事業に関するもの

      とっとり環境の森緊急整備事業実施要領(PDF:130KB) 

     

    とっとり県民参加の森づくり推進事業、竹林整備事業、森林景観対策事業に関するもの 



    鳥取県森林環境保全税関連事業評価委員会に関するもの

    パンフレット等

    アドビリーダのダウンロード

     

      

    最後に本ページの担当課    鳥取県農林水産部 森林・林業振興局 森林づくり推進課
        住所  〒680-8570
                鳥取県鳥取市東町1丁目220
        電話   0857-26-73040857-26-7304    
        ファクシミリ  0857-26-8192
       E-mail  moridukuri@pref.tottori.lg.jp