自然と環境

見て、聞いて、体験して、みんなでエコ活を実践しよう!ステージには「家事えもん」こと松橋さんが登場。また日本中で話題になった危険生物「ヒアリ」も展示します!省エネ、リサイクル、生物多様性など家庭でも参考になるステージや体験コーナーが盛りだくさんです。(11月26日 倉吉未来中心)
平成28年度までに、経済産業省から太陽光等の売電設備設置の認定を受けている方は、原則として9月30日(土)までに、新しい制度に基づく事業計画を提出しない場合、認定取消しの対象となる可能性がありますので、ご注意ください。
冷蔵庫を複数台使用中の家庭を対象に、古い冷蔵庫を処分していただいた場合、5,000円相当の鳥取和牛・鶏肉(鳥取地どりピヨ)のセットを先着200人にプレゼントします。
県内の地球温暖化防止に貢献する取組を顕彰し、県民エコ運動のさらなる活性化を図るため、今年度から新たに「とっとり環境杯」を実施します。なお、大賞受賞者は、2月頃に東京で開催予定の「低炭素杯2018」のファイナリストとして出場していただきます。
夏の夜空を彩る「天の川」も、夜空が暗く、空気がきれいな「星取県」なら、わざわざ遠い郊外に出かけなくても楽しむことができます。この夏、不要な明かりを消して、満天の星空を見上げよう!
平成28年度地域環境保全功労者大臣表彰を盛田榮一氏が受賞しました。
県内の事業所等へ太陽光発電システム・蓄電システムを設置する方へ、50万円を上限に費用を補助しています。(受付期間:5月25日~平成29年1月31日)
平成28年3月に第2期とっとり環境イニシアティブプランを策定しました。
平成28年1月19日、県庁にて平成27年度鳥取県環境立県推進功労者知事表彰式を行いました。
平成27年度版環境白書を取りまとめましたので、公表します。
鳥取・岡山両県の充電器を活用しながら、主催者が指定するチェックポイント(観光地等)を巡り、マイカーもしくはレンタル車(EV・PHVに限ります)でゴールを目指します。
県内の法人その他の団体(国及び地方公共団体を除く)の地域の先進的で、他の模範となる環境保全活動を行う団体に対し、活動費の助成を行います。【補助額】上限10万円
エネルギー施設設置者等と協同して、地域の、先進的で他の模範となる環境保全活動を行う団体に対して、活動費を助成(上限10万円、定額)します【5月25日~6月10日(水)締切】
平成27年3月末に改正し、普通充電器の上限額を引き上げました。(200千円→400千円)