当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

2019年7月 タイ王国及び東南アジア諸国の動向

    タイ王国及び他の東南アジア諸国の経済・産業動向、社会動向報告書

    1. エムケイ開発株式会社代表取締役 河上さんのインタビュー
    2. ゆう奈マネージャーのビアさんと看板娘アンギーさんのインタビュー
    3. 9月~11月に行われる主な展示会・見本市

なお、全文版では、9月~11月に行われる主な展示会・見本市の詳細やタイの経済統計を1ページにまとめた「ワンページタイ経済」も併せてご覧いただけます。

  

タイ王国及び他の東南アジア諸国の経済・産業動向、社会動向報告書

 こんにちは。鳥取県東南アジアビューローの辻です。

 今月はタイで活躍されている鳥取の方々のご紹介として、バンコクで飲食店「ゆう奈」を経営されている、鳥取県西伯郡伯耆町のエムケイ開発株式会社(http://mk10.net/)の河上さんのインタビューをお届けします。「ゆう奈」は当初、別のオーナーが立ち上げた日本料理屋でしたが、今から3年前の2016年に事業譲渡を受け、エムケイ開発が経営を引き継ぎました。在住日本人の居住エリアから1駅離れているため、立地条件としては少し良くないと思われてましたが、今では仕事帰りの駐在員はもちろん、タイ人も多く訪れる人気店となり、ランチタイムは駐在員の奥様グループから好評を得ています。そんな「ゆう奈」の経営者である河上さんに、タイでのビジネスについてお話を伺ってきました。

1.エムケイ開発株式会社代表取締役 河上さんのインタビュー

-タイでの事業内容について教えてください。

 【河上さん(以下敬称略)】タイでは飲食店を経営していますが、単なる飲食店としてだけではなく、鳥取の情報発信基地として考えています。お店に来ていただくお客様、タイ人にも日本人にも鳥取県の食材の素晴らしさを伝えたいと日々思っています。このお店を引き継いだのも「鳥取県食材を輸入してタイに広めたい→だったら自分でお店をやればいいじゃないか」という発想があってのことでした。

写真:エムケイ開発 河上さん

 タイとの関わりを持つようになったのは7年前の2012年からです。その頃、鳥取和牛の輸出をしたくて、候補としてあがったのが、マカオ・香港・ベトナム・タイでした。香港は規制が厳しくて断念しました。マカオには輸出をしましたが、サプライヤーに卸しているだけで面白みがない、ベトナムはまだ日本食市場が盛り上がる前で時期尚早という感じでした。そんな中、JETROバンコク が開催した和牛を中心とした商談会に参加しました。その後、輸出を開始して4年間ほど営業活動をしてきましたが、価格面や安定供給の面で他の産地に差をつけられ苦戦しました。正直、ちょっと諦めかけていたのですが、その時に取引先でもあったゆう奈の前オーナーから事業譲渡の話をいただきました。鳥取県産の蟹、地酒、果物は他の業者さんがタイへ輸出されていたので、鳥取県産品が集まるお店にしようと思い、経営を引き継ぎました。当初はお客様の9割が日本人でしたが、先月くらいからタイ人のお客様が増えて、比率が逆転しました。今後もタイの皆さんに鳥取県産品をアピールしていきたいです。

-客層が日本人とタイ人で逆転したというのはすごいですね。どんな仕掛けがあったのでしょうか?

【河上】タイ人に大人気の佐野ひろさん(※タイ人向け日本旅行番組のナビゲーター)がご自身のYouTube番組で取り上げてくださったのが大きいですね。あと、経験のある日本人の板前さんを常駐させて、料理の品質管理をきちんとしていることが伝わって、受け入れられたのかなと思います。メニューも最近のトレンドにあわせて、タイ人が好む「おまかせコース」をお手ごろ価格から特上まで幅広くコース料理を揃えました。それがタイ人の皆さんに気に入ってもらえてるのだと思います。

-「ゆう奈」さんの強みや他店との違いを教えてください。

河上】単なる日本食のレストランとしてではなく、アンテナショップのように鳥取をはじめとした日本のいろいろな地方の良いものを発信していける場所でありたいと思ってます。ありがたいことに、バンコクのインポーターからも複数お話をいただいているので、今後もいろいろなことを発信していきたいです。

 我々が輸入した食品を味わってもらうことにより、「鳥取ってどんなところ?」という興味を持ってもらいたいというように、物を出すだけではなくて物と人の循環ができればいいなと考えています。また逆に、鳥取からタイに旅行に行ってもらうアウトバウンドも考えていて、皆生温泉の方と協力しながらタイフェアの開催も計画をしているところです。鳥取の人たちにもタイのことを良く知ってもらい相互交流を目指している、この点がこのお店のアピールポイントだと思いますし、ここはそのための基地だと思っています。

-タイでビジネスをする中で、どんな悩みや苦労がありましたか?

写真:オープン前のスタッフミーティング

河上正直、ないです(笑)。悩みがないというか、いろいろなことに成長させてもらっています。言葉の違いがあるのは大変ですが、それが自分を強くしてくれました。例えば、お店の補修をする時、あれこれ指示をするよりも自分で動いて見せることで周りが付いてきてくれました。もちろん客商売ですので、店の運営については厳しいことを言わなければならないですが、仕事が終わった後にみんなでご飯を食べに行ったり、カラオケにいったりして、タイ人スタッフとコミュニケーションをとることを大切にしていれば、お互いの信頼関係もできて、注意なども素直に受け入れてくれます。普段のタイ人スタッフの管理・教育はタイ人マネージャーに任せています。バンコクの日本食店は増える一方で、従業員の確保が難しくなってきている中で、うちの店のスタッフは定着率が高いんです。そのことが信頼関係を示しているのだと思います。

-タイでのビジネスを検討されている方に何かアドバイスがあればお願いします。

河上人任せにせずに、自分で足を使って現地に入ることが大切だと思います。種をまいてないところに芽は出ないですが、種もまいてないのに花を咲かそうとしている人が多いのでは?と感じることがあります。昔は自分自身もそうだったかもしれません。

 どうしてもすぐに利益を追い求めてしまいがちですが、利益をうむためには何かを犠牲にしなければ、何かアクションを起こさなければうまれないのではないでしょうか。畑を見つけて、耕して、種をまいて、水をあげて、肥料をあげて、やっと芽が出たとしても、花が咲く前に枯れてしまうことだってあります。花を咲かせるためには足繁く通って、現地の情報に触れることが大切だと思います。仕入れた情報を自分の目で確かめることによって情報の密度・精度が上がります。「百聞は一見にしかず」ですね。例えば、「タイではデリバリーが盛ん」という情報を知っていたとしても、実際にどの程度盛んなのかまではわかりません。でも、バンコクに来て大通りを眺めてみるだけでも、デリバリー業者がどれくらいあるのか、デリバリーバイクがどれくらい走っているのか、という実際の情報を自分の目でみて知ることができるのです。私自身もこちらに来てはじめて知ることも多かったので、もしタイでのビジネスに少しでも興味がある人は、視察に来られることを強くお勧めします。

2.ゆう奈マネージャーのビアさんと看板娘アンギーさんのインタビュー

-自己紹介をお願いします。

ビアさんマネージャーのビアです。ゆう奈では5年ほど働いています。

アンギーさんアンギーです。ゆう奈で働き始めてから3年になります。

-ゆう奈で働いている感想を聞かせてください。

ビア特別な感想はありませんし、大きな苦労もありませんが、毎日向上心を持って働くようにしています。

アンギー上司も同僚も親切で家族のような身近な存在なので、ここで働けて嬉しいです。

-お店のオーナーである河上さんはどんな人ですか?

ビアとても親切で、いつもお店やスタッフのことを大切に思ってくれています。

アンギーいつも助けてもらってばかりで、感謝しています。私がこのお店に入りたての頃、あまり上手く動けなかった時も怒ることなくいろいろと教えてくれました。

-鳥取県へいったことはありますか?あったら感想を教えてください。

写真:アンギさん(左)とビアさん(右)

ビア河上さんと一緒に一度だけ出張で行ったことがあります。その時は日程が詰まっていて疲れましたが、空気が綺麗で人に優しくしてもらった鳥取県でのことはいい思い出です。その後、東京に移動して浅草の浅草寺なども観光して楽しめましたが、人が多すぎるので鳥取県にいるときの方がリラックスできました。タイから鳥取に行くには直行便の飛行機がないので、いつか直行便ができてくれたらいいなと思います。

アンギー】私は仕事の出張で1回、個人旅行で1回の合計2回行ったことがあります。ビアさんと同じで、東京や大阪のような人混みの多い都会よりも、自然あふれる鳥取の方が過ごしやすくて好きです。おいしい料理もたくさん食べました。またぜひ行きたいです!

9月~11月に行われる主な展示会・見本市

タイ

  • Fi (Food ingredients) Asia 2019
  • T-PLAS 2019
  • PACK PRINT INTERNATIONAL 7th International Packaging and Printing Exhibition for Asia
  • Beyond Beauty ASEAN-Bangkok 2019
  • ASEANBIKE
  • Worlddidac Asia 2019
  • STYLE BANGKOK October 2019
  • COSMEX 2019
  • ACCS 2019 - 5th Asia Cold Chain Show
  • METALEX 2019
  • CEBIT ASEAN Thailand

インドネシア

  • Electric, Power & Renewable Energy Indonesia 2019
  • CBI 2019-CAFE & Eacute; & BRASSERIE EXPO INDONESIA
  • 17th edition of Franchise & License Expo Indonesia
  • OIL & GAS INDONESIA 2019
  • Mining Indonesia 2019
  • International Indonesia Seafood & Meat Expo
  • Refrigeration & HVAC Indonesia
  • IFMAC and WOODMAC 2019
  • HOSPITAL EXPO 2019
  • Hospitality Indonesia 2019
  • ALLPACK INDONESIA 2019 The 20th International Exhibition on Processing, Packaging, Automation, Handling for Food & Beverage, Pharmaceutical and Cosmetic
  • JIPREMIUM 2019 Jakarta International Premium Products Fair
  • Glasstech Asia 2019 17th International Glass Products, Glass Manufacturing, Processing & Materials Exhibition
  • SIAL INTERFOOD 2019
  • PLASTICS & RUBBER INDONESIA 2019

ベトナム

  • Saigon Beauty Show 2019
  • ITE HCMC 2019 15th International Travel Expo Ho Chi Minh City
  • PHARMEDI 2019
  • NEPCON Vietnam 2019
  • VietnamWood 13th International Woodworking Industry Fair
  • VIETNAMPLAS 2019 19th Vietnam International Plastics & Rubber Industry Exhibition
  • METALEX Vietnam 2019
  • MTA HANOI 2019
  • VIETWATER 2019
  • MARINE VIETNAM 2019
  • Vietnam Foodexpo 2019
  • VIJF 2019 The 28th Vietnam International Jewelry Fair 2019
  • VTG 19th Vietnam Int'l Textile & Garment Industry Exhibition
  • The 8th International Plastics & Rubber Technologies & Materials Exhibition for Vietnam

⇒報告書バックナンバー一覧

  

最後に本ページの担当課    鳥取県商工労働部通商物流課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-76600857-26-7660    
    ファクシミリ  0857-26-8117
    E-mail  tsushou-butsuryu@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000