検索

鳥取まいもん宣隊FaceBookページ

食パラダイス公式Twitter

  

04

 

材料(2~3人分)

イノシシ肉(バラスライス…200g

(食べやすい大きさに切り、下味A★に浸ける)

 

下味A★

★酒・しょうゆ・コチュジャン…各小さじ1

★塩・こしょう…各少々

 

白菜キムチ…100g

絹ごし豆腐…300g(さいのめに切る)

にら…1束(4cm長さに切る)

えのきだけ…1袋

(石づきを除き、長さを2等分に切る)

 

ごま油…小さじ1

酒…大さじ1

出汁(だし)…500ml

(昆布だしまたは煮干しだしがよい)

味噌…大さじ2

 

作り方

(1)イノシシ肉(バラスライス)は食べやすい大きさに切り、下味A★に浸ける。

(2) 鍋にごま油をひき、(1)を焼く。白菜キムチを加えて炒め、酒とキムチの汁も加え、全体にからめる。

(3) 出汁とえのきだけを加えてふたをして煮る。煮立ったら、弱火にして7~8分煮る。

(4) 豆腐を加え、味噌を煮汁で溶いてから加える。にらを加え、さっと煮る。

 

アレンジ>

イノシシ肉とキムチは相性が抜群です。いろいろアレンジしてみてください。

 

     

 猪肉のキムチ炒め     

      

042

 

猪キムチそうめん(温かい麺です)>

 

043

アスリートのための栄養と調理のポイント

キムチ鍋は身体が温まるので、寒い日に特にお勧めです。

煮込むので、イノシシ肉が硬いと感じる方もいるかもしれませんが、肉の味が濃く、食べ応えがあり、脂が甘いです。

イノシシ肉はキムチや味噌と相性がよいです。

キムチ鍋は、豆腐も入るので、動物性と植物性のたんぱく質の両方を摂取できます。

 

イノシシ肉に含まれるビタミンB1、B2は糖質、脂質、たんぱく質の代謝を助けます。どちらも不足するとエネルギーを充分に作ることができなくなります。運動量の多いアスリートは不足しがちな栄養素です。

(イノシシ肉にビタミンB1B2が含まれますが、特別多いわけではありません。いろいろな食品を食べる中にうまく取り入れましょう。)

 

にらはスタミナ野菜の代名詞で、ビタミンC、β-カロテンを含みます。にらに含まれるビタミンCが、鉄の吸収を助けます。また、β-カロテンは油脂と一緒に摂ると吸収が高まるので、イノシシ肉との組み合わせは味だけでなく栄養的にもお勧めです。

栄養量(猪肉のキムチ鍋 1人分)

エネルギー      370kcal

たんぱく質        27.9g

脂質              22.9g

炭水化物          18.8g

              5.4mg

ビタミンA    131RE

ビタミンB   0.54mg

ビタミンB   0.50mg

ビタミンC        14mg

食塩相当量         4.1g

 

※栄養計算についての注意点

ジビエ肉は加熱の違いや部位ごとの成分値が公表されていません。ここに記載する成分値は、ジビエ肉をはじめ、すべて生の材料(正味重量)から計算したものです(日本食品標準成分表2020年版(八訂))。また、ジビエ肉は個体差が大きいため、食品成分表の値から大きく異なる場合があります。上記は参考値として活用ください。

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000